メニュー
周辺スポット

「ファミリーで 山口県」のスポット一覧

エリアで絞り込む

味の郷「銚釐庵」

ちゃんこ鍋が名物の和食の店。ちゃんこ鍋は、萩から取り寄せた味噌と醤油をベースに、数十種類のスパイスが効いただしで味付けしている。白菜、ニラ、もやし、ごぼう、豚肉、豆腐、つみれ、鶏のミンチなどが入っていてヘルシーでボリュームたっぷりだ。

居酒屋神乃楽(かんのくら)

居酒屋「神乃楽」は宇部市の山口大学裏にあり、刺し盛りはいつも新鮮で美味しい。宴会もできる居酒屋である。新鮮な地野菜、地魚、地ワインなどの地産地消を主として実践している評判の良い店。

市場食堂よし

唐戸市場の2階にある食堂。鮮魚が安く味わえるとあって、観光客はもちろん、市場で働く人やサラリーマンなどでいつも賑わっている。人気は天然トラフグの刺身と天ぷらが付いたボリューム満点の定食。九州から取り寄せた刺身醤油を使用するなど食材にもこだわっている。

御食事処白為別館

錦帯橋や岩国城など観光名所に近い割烹旅館。瀬戸内の海の幸や山の幸を使った郷土料理が楽しめる。なかでも人気は名物「岩国ずし」。特製の鯛のおぼろや山菜、岩国レンコン、シイタケ、錦糸玉子入りの見た目にも美しい一品だ。錦川でとれる鮎やヤマメ料理もおすすめ。

割烹 福助

湯田温泉にある老舗割烹。フグ料理が自慢で、萩の見島沖でとれた天然のトラフグのみを使用。その日におとした新鮮なフグが堪能できる。ハモ、オコゼ、甘鯛など地元でとれた旬の天然ものの魚を使った懐石料理もおすすめ。すべてお座敷で、落ち着いてゆっくり味わえる。

瓦そば本店お多福

川棚温泉名物の「瓦そば(登録商標)」は、丹念に練りあげた抹茶入りの茶そばをゆであげた後、油でいため、あつく熱した古い素焼きの瓦の上に盛りつけ、上に地元豊浦の赤玉の玉子だけを使った錦糸玉子や牛肉、海苔、安岡ねぎ、レモン、もみじおろしなど、色鮮やかにたっぷりの具をのせた逸品。あら削り・うす削りのかつおとたまり醤油をブレンドした特製ダシで食べるうち、茶そばにオコゲができ香ばしいのも魅力。

元祖岩国寿司の宿 三原家

約300年の歴史がある老舗の宿で、元祖「岩国すし」で有名。岩国城に登る武士の携帯用として作られたといわれる「岩国すし」は、鮎の押しすしだ。錦川でとれる鮎やヤマメの入ったすし飯の上に、でんぶ、シイタケ、錦糸玉子、青菜などをのせた豪華な一品。

元祖瓦そばたかせ本館

川棚温泉名物「瓦そば」の本家本元として親しまれてきた店。瓦そばは、日本瓦の上で具材をのせた茶そばを焼いた逸品で、高級宇治茶を使用した風味豊かなオリジナル茶そばに、牛肉、錦糸卵、山口県宇部の宇部港で取れた海苔、もみじおろし、下関市安岡産のネギ、レモンなどをのせている。また瓦そばのタレには、かつおと昆布を贅沢に使った秘伝のつゆを使用。

元祖ばりそば「春来軒」小郡店

創業50余年、春来軒は山口のソウルフード「ばりそば」の元祖。ばりそばは、食べはじめはバリバリと、のちにはツルツルと二つの食感が味わえる。「並」の注文でも25センチほどの大きな皿に、通常の皿うどんより太い揚げた中華麺に、麺は殆ど隠れてるほど具のあんが並々とのる。皿うどんと違い、トロミの少ないさらりとしたスープのようなあんで、鶏がらベースのあっさりした味で酢の酸味がよく効いている。これに、好みに応じてラー油を少々垂らして食べると引き締まった美味しい味となる。

もっと見る