メニュー
周辺スポット

「展覧会」のイベント一覧

エリアで絞り込む

レプタイルズフィーバー Winter 2021

“レプタイル”とは、ヘビやトカゲ、カメなどの爬虫類のこと。どこか愛嬌を感じさせる爬虫類特有の表情、予測できないユニークな動き、肌触り、ほかの動物にはない迫力など…。そんな“小さな恐竜たち”の世界に足を踏み入れてみては? その他にも近年、人気があるフクロウを始めとする猛禽類、哺乳類などもやってくる。マニアだけでなく、子ども連れのファミリーやカップルも楽しめるイベント。

ARTISTS’ FAIR KYOTO 2021

若手アーティストの登竜門としても回を重ねるごとに賑わいを呼んでいるARTISTS’FAIR KYOTO。歴史ある京都を舞台に、アーティストが企画から出品までを行う、これまでのアートフェアの枠組みを超えた新しいアートイベント。「ARTISTS' FAIR KYOTO 2021」では新型コロナウイルス感染症対策への取り組みを行い、安全かつ安心して作品を鑑賞できるよう、日時指定の事前予約制にて開催。

第110回企画展「絲山秋子展-“土地”で生きる人々を描く」展示解説

企画展の担当職員が、展示室内で約20分間、展示解説を行い、展示の見どころや資料の詳細等を分かりやすく説明する。

第20回 福知山市 佐藤太清賞 公募美術展(横浜会場)

京都府福知山市出身の文化勲章受章者 故佐藤太清は、現代日本画壇の重鎮として後進の育成にも心を注ぎ、現在第一線で活躍する多くの日本画家を送り出した。福知山市はその功績を讚え、その志を受け継ぐため、21世紀の芸術文化を担う人材の育成を目的とし、高校生・大学生を中心に全国から絵画作品の一般公募を行っている。今回は審査の結果、表彰作品69点が決定。横浜の歴史スポットで、作者たちが感じる「今」を鑑賞できる。

茶のくに八女・奥八女・八女の伝統工芸品展 ~受け継がれゆく匠の技~<中止となりました>

<中止となりました> 国指定伝統的工芸品の八女福島仏壇と八女提灯の熟練された匠の技で制作された、コンパクトサイズの仏壇やスタンド一体型の盆提灯、匠の技を生かしたアクセサリーや仏具、木製の干支の置物など現代の生活スタイルに合わせた作品を展示する。当初予定されていた実演は中止。

白良浜deひらひらTシャツアート展

Tシャツの胸元に全国から応募のあった絵画、イラスト、写真、書等の作品をプリントし、洗濯物を干すように白良浜に展示。展示するTシャツは、地元企業が製造したオーガニックコットン100%の生地に障がいのある人が1点1点縫製した「Made in 和歌山」にこだわったもの。イベント終了後、潮の香りと共に応募者へTシャツは返送される。白良浜に展示する作品の応募は8月31日まで郵送またはホームページにて受付。

THE INFINITY

ニューヨークを拠点にヨーロッパ各地でも精力的に作品を発表する現代美術作家すぎもりえいとくによる美術展。今回の展覧会は油絵、版画、インスタレーション、ブロンズオブジェなど、「生命の形」をテーマとしたDreamersシリーズ約30点を展示。

上野焼バレンタイン猪口展

バレンタインチョコと酒器の猪口(ちょこ)をもじった年に一度の展示会。薄づくりと多彩な釉薬が特徴の上野(あがの)焼。緑青流しのグリーン系、鉄釉の赤系など色とりどりの猪口が勢ぞろい。その他にも湯呑やフリーカップなどの食器類も展示販売(約600点)。

0.0000000000000000001

多摩美術大学生と武蔵野美術大学生が「刹那」をテーマに作品を展示する。展示タイトルの「0.0000000000000000001」は、刹那(せつな)と読む。人間史観的な観点から見た現代社会における自己同一性について、「全は一、一は全」の関係性をテーマに、アートやデザインの媒体を用いて表現。期間中にギャラリーで作品鑑賞してみては。

もっと見る