メニュー
周辺スポット

「お祭り」のイベント一覧

エリアで絞り込む

湯之沢裸まつり(長松垢離とり)<中止となりました>

<中止となりました> 江戸時代中期に、長松地区で始まったとされる新春の伝統行事で、山神様の年取りにあたる旧暦12月12日に行われる。昭和57年に町指定無形民俗文化財に指定。山の安全・豊作と無病息災を祈願する祭りで、山祇神社に集まった男たちが、餅をつき上げ奉納した後、下着姿のまま川に飛び込み身を清める。

第24回国分寺町冬のまつり<中止となりました>

<中止となりました> “子どもたちに本物の雪で雪遊びを!”との思いで始まった、地域住民手作りのまつり。鳥取県江府町から運ばれる本物の雪を使った雪遊び&そり遊びや雪合戦大会を行うほか、子ども太鼓などの地域伝統文化を披露。ステージイベントやスポーツ体験、各種バザーも楽しめる。

道明寺天満宮 初天神うそかえ祭

道真公が無実の罪で大宰府に左遷され、任地に到着された神事時に、無数の蜂が襲来して参拝者を悩ませた。そこに一群のうそ鳥が飛来し、蜂を食い尽くして人々を救った…。神職が一年がかりで手彫りした木製のうそ鳥を今年は授与(初穂料500円)する。

宇都宮二荒山神社太々神楽<中止となりました>

<中止となりました> 江戸時代中頃から続いている上演奉納神楽。江戸系統に属する神田流(浅草の若山に始まる)の流れをくみ、神社では宮比流(みやびりゅう)太々神楽と称している。毎年1月、5月、9月の28日に奉納される。娯楽の少なかった時代、神楽は人々の楽しみのひとつであり、老若男女が境内をうめつくしたといわれている。現在は、伝統的な民俗芸能として神楽保存会により守り続けられている。

本州最南端の火祭り<中止となりました>

<中止となりました> 2001年より「本州最南端の火祭り」風・音・炎の祭典と題して、名物「しょらさん鍋」、「串本節保存会・岬節保存会・トルコ民俗舞踊団の表演」、「餅つき・芋餅販売」、「芝焼き」と、一日楽しいイベントが組まれている。当日の天候により変更もあるが、毎年1月最後の土曜日に行われている。

津島しらうお&産業まつり<中止となりました>

<中止となりました> 岩松川のしらうお(正しくはシロウオ)漁をテーマとした、津島に春を告げるお祭りが開催される。国道56号線沿いの岩松橋~新橋間にある河川敷を会場に、しらうおのおどり食いをはじめ各種郷土料理の販売、特産品の即売、魚の浜値市、もちまきや体験しらうお漁など各種アトラクションが催され、たくさんの人で賑わいをみせる。

太平山三吉神社総本宮 どんと祭

毎月1月の最終日曜日に行われるどんと祭では、正月の松飾りや、神棚、古くなったお札・お守りをお焚上げする(写真類や神社以外で受けたもの、不燃物は預かり不可。また人形類は9月23日~10月1日人形感謝祭の期間のみの預かりとなる)。参拝の際は、マスクの着用など、感染対策に協力を。

第30回しんとつかわ雪まつり<中止となりました>

<中止となりました> オープニングのもちまきやジャンボ滑り台、恒例の国際中華鍋押相撲選手権大会も開催。一般公募のさまざまなオリジナル鍋料理を食べることができる冬鍋大会など、大人から子どもまで楽しむことができる冬のイベント。フリーマーケットもお楽しみに。

みろく院星まつり

北斗七星と2つの星を足した9つの星に各自の運勢が当てはまると言われ、星まつりは、悪い星でも立春前に厄除けをして良い1年を迎えようという催事。今年は、新型コロナウイルス感染予防のため、星祭祈祷会のみの開催となり、紫燈護摩供・火渡り神事・豆、餅まきは中止。

もっと見る