メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「城・城跡 山梨県」のスポット一覧

甲府市歴史公園

かつて甲府城にあった山手御門を復元。北門だった山手門、見張り台などに使われていた山手渡櫓門を再現。野面積みといわれる石の積み方など、当時の技法が活かされている。

舞鶴城公園(甲府城跡)

武田氏の滅亡後、豊臣秀吉の命により築城された甲府城。その壮麗な姿から「舞鶴城」とも呼ばれ、江戸時代には西側への備えとして特別な役割を果たしたという。現在は城跡の一部が公園として市民の憩いの場となっていて、平成25(2013)年には本丸南側に2階建ての櫓門「鉄門(くろがねもん)」が復元されている。甲府城にまつわる文化や歴史について、観光ボランティアから詳しい説明を受けながら見学してみるのもよい。

新府城跡

1581年に武田勝頼が築いた。翌年、織田軍の侵略にあい、自ら火を放って焼け落ちた悲劇の城。現在、城跡には郭、堀、土塁などの遺構が残されており、碑が建てられている。

躑躅ヶ崎館

武田信玄の居城で、別名を「武田城」という。館跡は、現在は武田神社となっており、境内には藤村記念館や武田宝物殿などがある。館跡は国指定の史跡になっている。

舞鶴城公園

鎌倉時代に築いた城を浅野長政が改築した平山城。現存するのは内城の石垣と南側の内堀。10年計画で修復中のため入れない箇所もある。

要害城跡

1520年、武田信虎によって戦闘用に築かれた山城。山頂の本丸跡には石碑が建ち、廃城となった今も山城の遺構をとどめている。また、麓の積翠寺には信玄の産湯井戸や産湯天神がある。