メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「城・城跡 岩手県」のスポット一覧

九戸城跡

馬淵川、白鳥川、猫渕川の3つの河川に囲まれた広大な城跡。豊臣秀吉軍の奥州再仕置最後の合戦場で、秀吉の天下統一が完了した歴史的にも重要な史跡だ。

花巻城址

慶長19(1614)年に南部彦九郎政直が2万石を領して築いた居城。当時は三の丸まである巨大な平城であった。現在は花巻城時鐘と円城寺門が残る。

盛岡城跡公園(岩手公園)

「不来方城」と呼ばれ市民に親しまれる盛岡城の城跡を整備した公園。花崗岩を積んだ石垣があり、盛岡藩20万石の居城であった面影を残す。石川啄木や宮沢賢治も足繁く通ったとされ、二人の詩碑もある。

安倍館遺跡

中世、盛岡の北西部を治めた安部氏の居館跡。源氏に攻め込まれ、ここが落ちたことから、「前九年の役」が終わった。深い濠跡が良く残っている。また、古代末の厨川柵の擬定地にもなっている。

胆沢城跡

坂上田村麻呂が造営した、平安時代初期の古代城柵跡。遺跡の概要や出土遺物などは、隣接する埋蔵文化財調査センター展示室で見学できる。国の史跡に指定されている。

九戸城跡

豊臣秀吉によって攻め落とされた最後の城で、秀吉全国統一完了の合戦城跡。九戸城は馬淵川、白鳥川、猫淵川に囲まれる要害の地。東北地方では最古の石垣を残している。

衣川柵

安部氏が当地一帯に本據を構えた際の政府と伝えられ、阿部氏滅亡後は清原氏の居館となり、後世においては衣川柵とも称されるようになった。桜並木に囲まれているために並木屋敷の名称があり、土塁の一部も残っており石畳になっている部分も地下に埋もれているという。

城山公園(高水寺城跡)

春には約2000本の桜が咲く花見の名所。小高い丘の公園で、展望台からは岩手山や盛岡市街が見渡せ、憩いの場となっている。

花巻城跡

古くは鳥谷ヶ崎城と称し、10世紀頃は安部氏の本拠地であったといわれている。明治維新とともに廃城となり、現在は本丸跡が公園になっており、堀、鐘楼、円城寺門が遺構として残っている。

もっと見る