メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「その他レストラン 茨城県水戸市」のスポット一覧

魚末

ねばり丼は通常、めかぶやおくら、とろろなどと納豆をご飯にトッピングだが「魚末」のねばり丼には中トロも乗っている。また、醤油とみりんとお酒で味付けられた小粒の納豆は、口の中でふわりと広がり中トロとの絡みも絶妙、ご飯がどんどん進む程である。

偕楽園レストハウス

偕楽園レストハウスは第九代藩主徳川斉昭公が造営された、日本三名園の一つ水戸偕楽園にある。全面ガラス張りの明るいお食事処で眺望する素晴らしさは格別。納豆会席は、様々な本場水戸納豆料理が味わえるが、偕楽園の混み合う2、3月中はメニューに無いので注意が必要。しかし、その期間中も「楽寿膳」(水戸納豆を中心にした創作料理)や、納豆天ぷらを含む「三色そば膳」、納豆チャーハンなどの納豆料理を食すことができる。

割烹「魚政」

創業明治三十六年の水戸割烹の老舗名店である。メイン料理は地元のあんこう料理だが、その店の調理人たちの作り出す納豆料理は水戸納豆料理の王道ともいえるグルメである。中でも自慢の一品は近海魚の納豆つめ焼き。食べやすい挽き割り納豆を使い様々な納豆料理を楽しませてくれる店となっている。

割烹「魚周」

水戸の名物といえば納豆である。割烹「魚周」ではその納豆を一流料理人が色々な料理に加え、多彩な味に仕上げる。料理によっては納豆を水で洗い、ぬめりや独特のにおいを消したり、そのまま使ったりもしている。納豆が美味しく、多彩に変わる腕はさすがである。納豆を半洗いにして、茶碗蒸しの具と一緒に蒸し上げた納豆茶碗蒸しには驚かされるが、身体が温まり健康にも良さそう、味が良く余韻があとに残る上等な茶碗蒸しに仕上がっている。

元祖あんこう鍋「山翠」

「山翠」は創業65年を越えるあんこう鍋の元祖と知られる店である。郷土料理素材としての納豆は当然、料理人による様々な調理が行い卓へと出される。オススメはこんな味もあったのか、と感心しながら箸をすすめる「納豆会席膳」。しかし、時期が限定されているので注意が必要である。またその他通年でも、珍しい「納豆釜めし」をはじめ、納豆料理は各種あるので是非、あんこう料理と共に食べてみたい。

元祖手打ちうどんいづみや見川店

うどんいづみやの支店であり、一周館ビル2階にあるうどん店。いずみやの独特的な大変に太いうどんが味わえる。うどんのコシというよりも、固めのすいとんやほうとうにも似た食感のお腹に溜まるうどんである。量も、大盛り、スーパー、ウルトラとあり挑戦の価値ありの珍しい極太うどんである。

元祖手打ちうどんいづみや南町店

伝統の元祖手打ち西山うどんの店。安くて、ボリュームのあるうどんが食べられるとファンも多い。手打ちしたあと一晩ねかせた、歯ごたえのある麺が堪能できるうどん店。割箸よりもちょっと太めの麺はかめばかむほど味がでる、一度食べたら忘れられない食感。肉うどんや自家製カレーうどん、釜揚げうどんなどメニューも豊富である。

金龍菜館

金龍菜館は水戸黄門が食した日本最初のラーメンを蘇らせている店として知られている。水戸納豆汁なし味噌らーめんは、蓮根の粉が入った麺を使用し、じゃじゃ麺挽の味噌に加える肉に代えて「納豆」を使ったものである。納豆の臭みをたっぷりの梅肉が消し納豆のクセは思ったほど強くなく、大根とキュウリの千切りがシャキシャキで味噌もまろやかになっている。

喰処飲処「てんまさ」

「てんまさ」はあんこうを始め、納豆それに地元で揚がった新鮮そのものの魚はメニューにも豊富に取り揃えていて、茨城の味をリーズナブルに楽しめる店である。納豆料理も種類は多く、中でもお薦めはホカホカのごはんの上に納豆、おくら、めかぶ、山芋、なめこ、いくら、うずらの卵が彩りよく配されているボリューム満点の「ねばり丼」。美容と健康に効果のあるネバネバ食材が健康的な一品である。

もっと見る