メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「食堂 千葉県」のスポット一覧

エリア絞り込み
千葉県(649)
安房郡鋸南町(1)
夷隅郡御宿町(2)
夷隅郡大多喜町(8)
長生郡長南町(1)
長生郡長柄町(4)
長生郡白子町(1)
長生郡長生村(4)
長生郡睦沢町(1)
長生郡一宮町(6)
山武郡横芝光町(11)
山武郡芝山町(4)
山武郡九十九里町(7)
香取郡東庄町(3)
香取郡多古町(6)
香取郡神崎町(2)
印旛郡酒々井町(2)
大網白里市(5)
いすみ市(15)
山武市(15)
香取市(30)
匝瑳市(10)
南房総市(22)
富里市(5)
白井市(1)
印西市(5)
八街市(4)
袖ケ浦市(6)
四街道市(3)
浦安市(11)
富津市(20)
君津市(14)
鎌ケ谷市(8)
鴨川市(28)
我孫子市(3)
八千代市(10)
流山市(5)
市原市(31)
勝浦市(14)
柏市(26)
習志野市(11)
旭市(14)
東金市(8)
佐倉市(10)
成田市(25)
茂原市(14)
野田市(12)
松戸市(18)
木更津市(17)
館山市(14)
船橋市(37)
市川市(20)
銚子市(42)
千葉市美浜区(8)
千葉市緑区(2)
千葉市若葉区(5)
千葉市稲毛区(9)
千葉市花見川区(3)
千葉市中央区(26)
北海道(1,322)
青森県(554)
岩手県(643)
宮城県(578)
秋田県(380)
山形県(586)
福島県(998)
茨城県(601)
栃木県(539)
群馬県(565)
埼玉県(471)
東京都(1,523)
神奈川県(1,184)
新潟県(1,492)
富山県(371)
石川県(347)
福井県(240)
山梨県(469)
長野県(1,531)
岐阜県(425)
静岡県(1,238)
愛知県(1,061)
三重県(507)
滋賀県(235)
京都府(544)
大阪府(1,459)
兵庫県(833)
奈良県(277)
和歌山県(333)
鳥取県(263)
島根県(316)
岡山県(345)
広島県(608)
山口県(459)
徳島県(190)
香川県(205)
愛媛県(312)
高知県(243)
福岡県(789)
佐賀県(205)
長崎県(360)
熊本県(403)
大分県(328)
宮崎県(251)
鹿児島県(470)
沖縄県(475)

江戸前「ふなっ子」

ふなっ子は、地の魚や貝類がたくさん手に入る漁師町・船橋の郷土料理メニューも豊富に揃え中でも、いわし料理で有名な店である。「ふうかし」はあさりの味噌汁の様だが、貝殻模様の鮮明な肉厚のあさりを使い、味噌は少しの味付けであさりをたっぷりと使い、それを出汁として作るあさりをたっぷりと盛った汁。昔は、地元の多くの家庭や食堂でも食べられていたという、磯の味が満点のダイナミックで貴重な漁師料理である。

三水食堂

とれたての海の幸、山の幸。三水ホテルでは新鮮な食材の良さを生かすべく、食材の多くを地元産にこだわっている。三水亭のレストランで食せる「おらが丼」のなめろう3種丼は、房州名物なめろうを旬の魚3種で仕上げたもの。ほかにも、地さざえのかき揚げ丼や、いそっこ丼といった新鮮な魚貝をたっぷり盛り込んだ名物メニューもある。ここでは、美味しい地元漁師の味覚が豪快に食べられる。

館山船形漁協「ふれあい市場」

ふれあい市場は、館山船形漁業協同組合直営の鮮魚販売所で、船形漁港から直送された新鮮な魚介類が揃う。市場内の食堂は新鮮な魚介類や農産物で料理しているので、季節のおいしい味覚が楽しめる。

館山船形漁業協同組合直営 ふれあい市場

新鮮なアワビ・伊勢エビ・サザエを求めて地元の人やプロの料理人も訪れる漁協直営市場。市価の2~3割は安く手に入る。買ったばかりの魚介類を店内の食堂で調理して食べる事ができる。

肉屋の食堂みおや

勝浦のご当地グルメが楽しめる「みおや」は、お肉屋さんがやっている安くてボリューム満点の定食屋である。開業当時からの変わらぬ味わいの勝浦式タンタンメンで、真っ赤なラー油を使った醤油ベースのスープに、辛さをマイルドにするタマネギ、ひき肉をたっぷり使った勝浦独特のタンタンメンが味わえる。開業当時から変わらぬこの店独特の味わいが、地元の人々や勝浦のサーファーたちから愛されてきた地域に根付いた人気店。

はらだ商店

勝浦式タンタンメンの店で、昔ながらの食堂といった店構え。タンタンメンは、真っ赤なラー油の色そのものの透明なスープに、ひき肉とたまねぎの甘み、野菜の甘みが加わっている。ラー油は辛いが、丸みのある辛さで、さっぱりと頂ける、さらりとした油を使用。昼時は客も車も多く繁盛している。

松野屋

真っ赤なラー湯の勝浦式タンタンメンで、舌がヒリつくほど辛くはないが、食べ進むと汗が噴出しはじめる辛い味わい。スープには、挽き肉、玉ねぎ、長ねぎのみじん切りに、少量の刻みニンニクが入っていて、甘みのある玉ねぎがラー油スープの辛さを和らげてくれている。メニューはほかにも多数あり食堂の雰囲気。

道の駅 たけゆらの里おおたき

朝採れの新鮮野菜をはじめ、タケノコやシイタケといった里山の恵み、季節の花々のほか、竹細工や地酒、菓子など房総の土産が豊富。たけゆら食堂ではソフトクリームや猪を使ったメニューが評判。

吉田食堂

真っ赤なラー油をびっしり使った半透明な醤油ベースのスープが特徴の勝浦式タンタンメンを提供する店。辛さは、薄味から激辛まで注文できるので、辛い味がニガテな人でも、勝浦式タンタンメンが堪能できる。また付け添え2品と半ライス付で、辛味の効いたタンタンメンの箸休めも用意されている。

もっと見る