メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「寿司 福島県」のスポット一覧

エリア絞り込み
福島県(466)
相馬郡新地町(1)
双葉郡浪江町(6)
双葉郡双葉町(1)
双葉郡大熊町(3)
双葉郡富岡町(5)
双葉郡広野町(2)
田村郡小野町(2)
田村郡三春町(4)
石川郡玉川村(2)
石川郡石川町(6)
東白川郡塙町(4)
東白川郡棚倉町(7)
西白河郡矢吹町(4)
西白河郡中島村(1)
西白河郡泉崎村(1)
西白河郡西郷村(4)
大沼郡会津美里町(4)
河沼郡会津坂下町(2)
耶麻郡猪苗代町(3)
耶麻郡西会津町(3)
南会津郡南会津町(4)
南会津郡只見町(2)
岩瀬郡天栄村(1)
岩瀬郡鏡石町(3)
伊達郡川俣町(3)
伊達郡国見町(1)
伊達郡桑折町(3)
本宮市(7)
伊達市(12)
南相馬市(26)
田村市(9)
二本松市(11)
相馬市(12)
喜多方市(8)
須賀川市(18)
白河市(15)
いわき市(108)
郡山市(65)
会津若松市(25)
福島市(68)
北海道(1,489)
青森県(338)
岩手県(315)
宮城県(640)
秋田県(290)
山形県(307)
茨城県(735)
栃木県(622)
群馬県(822)
埼玉県(2,093)
千葉県(2,234)
東京都(5,201)
神奈川県(2,731)
新潟県(962)
富山県(378)
石川県(493)
福井県(262)
山梨県(340)
長野県(485)
岐阜県(544)
静岡県(1,039)
愛知県(1,654)
三重県(475)
滋賀県(321)
京都府(589)
大阪府(1,930)
兵庫県(1,175)
奈良県(347)
和歌山県(301)
鳥取県(109)
島根県(155)
岡山県(391)
広島県(539)
山口県(267)
徳島県(203)
香川県(202)
愛媛県(348)
高知県(185)
福岡県(1,224)
佐賀県(222)
長崎県(457)
熊本県(416)
大分県(247)
宮崎県(249)
鹿児島県(450)
沖縄県(206)

葵寿司

新鮮なネタとシャリにこだわったすしが自慢。季節により「のれそれ(アナゴの稚魚)」など、他店ではなかなか口にできない珍味も味わえる。「あえてコースは作らず、予算に応じて好きなネタを食べれるようにしている」とご主人の嬉しい心遣いだ。

い~な郷の蔵

旧酒蔵施設跡を整備して造った商業複合施設。地酒販売店・寿し処・居酒屋など地元の味が集結する。

浦島鮨

うまいものにこだわるご主人は、自ら塩竈市場へ毎日出かけ、新鮮なネタを仕入れている。シャリも、自社栽培し自分で精米。そんな姿勢が、「すしを食べるなら浦島」といわれる所以だ。地元はもちろん、県内外から多くの客が訪れる。紅ズワイガニで作る自家製のカニ味噌も自慢。

鮨富

新鮮で上質な旬のネタを常時揃え、お客さんの期待に応えてくれるすし屋。マグロや貝類などはもちろん、イカ・タコにも決して手を抜かない、と話す大将の言葉からは、誠実さが伝わってくる。若いカップルや、すし屋が初めてというお客さんが多いのも、「気軽に楽しめるように」という、ご主人の細やかな心配りがあるからこそ。週末は特に混み合うので事前にご予約をおすすめする。

福寿司(福島市)

福島駅東口まん前にある老舗のすし屋。ネタはすべて塩竃から直送される新鮮なものを使用。全てのネタの料金を表示しているので安心して味わえる。人気のネタは、ふわふわの玉子焼き、アナゴなど。ランチタイムには1000円以内ですしが味わえる。すしに加え、蒸し物、焼き物など6品から7品が並ぶ宴会料理も好評。

松喜鮨(いわき市)

福島県いわき市の台所「小名浜港」で水揚げされた魚介類を使用する、地物料理にこだわる港町のすし屋。魚の味にうるさい地元客を唸らせる魚料理の数々は、大将の卓越した技術と味へのこだわりが、味・見た目等の随所から感じられるはず。リーズナブルな価格で楽しめるランチメニューも高い人気。

松喜鮨(郡山市)

新鮮なネタと気さくなご主人の小室さんが評判のお店。広々としたお洒落な空間で、おいしいすしが味わえる。常連さんやすし通も数多く通い、県外から評判を聞いて来店する方も多いそう。シーズンオフには、巨人軍の選手も毎年やってくる。ホームページの写真館では、今まで来店した著名人の写真も見られる。

弥助鮨

銀座のすし屋で修業を積んだ師弟コンビが握るすしをほおばれば、思わずおいしさに頬がゆるむ。昭和48年の創業以来こだわり続けているのが、魚の吟味。毎日塩竈から仕入れるネタの中でも際だっているのが本マグロ。大トロも中トロも、舌の上でとろける。全国から集められた知られざる銘酒とともに、至福のひとときが楽しめる。

あいおい

もっと見る