メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「ファミリーで 大分県別府市」のスポット一覧

甘味茶屋

大分名物の「だんご汁」好きを、大満足させてくれる店。看板メニューは「だんご」がはいった郷土料理。野菜と手延べダンゴを味噌仕立てで煮込んだ「だんご汁」をはじめ、小豆とダンゴのモチモチ感がたまらない「手延べだんご入りの豊後ぜんざい」、手延べダンゴにきな粉をまぶした「やせうま」が味わえる。古風な茶店風の店構えで、大分の素朴な味が楽しめる。

いけす割烹平家

店内には大きな生け簀があり、いつでも新鮮な魚料理が味わえる。毎日佐賀関から直送されてくる関アジ・関サバを使ったコース料理は関アジが5000円、関サバが8000円。また鯛あら炊きやブリかまといった一品料理も充実、他に和風ステーキなど子供や女性好みのメニューもある。

郷土料理居酒屋こいのぼり

関アジ、関サバをはじめ豊後牛や豊のしゃもなど県産の食材を使った料理が食べられる。特に関アジ、関サバは漁師の網元の親戚から仕入れているということで、夕方揚がったばかりの鮮度抜群のものが食べられる。また、別府では珍しい「活きイカ」は、姿造りやゲソの天ぷら、沖漬けなどがセットで1人前2000円。店内は広めの通路、身障者用のトイレなども完備されていて完全バリアフリーとなっている。

きりん亭

昭和49年の創業以来、別府冷麺はこの店の看板メニュー。薄味のさっぱりとした黄金色のスープは、創業当時から変わらぬ味わいで、何度でも通いつめたくなる味。世代を超えて長年、客に愛されている。麺は、グニグニとした別府独特の歯ごたえのある中太麺。キャベツキムチの酸味は、スープ、麺との相性もばつぐん。

慶松苑

いりこダシがよくきいた和風スープに、ツルツルのノド越しばつぐんの細麺を使った「別府冷麺」が味わえる。トッピングは、汗がふきだす辛いキムチ。千円以上の食事で、店横にある「美肌温泉」に入ることができる。別府では、冷麺は冷やし中華ではなく、昭和25年頃から旧満州引き揚げ者が作った朝鮮(平壌)系の冷麺が食文化として根付いている。

胡月

創業40年以上の風格ある老舗で味わう「別府冷麺」。別府冷麺とは、日本の冷やし中華ではなく、朝鮮(平壌)系冷麺の事。歴史は古く昭和25年頃から別府で愛されてきた食文化だ。この店では、作り置きを一切せず、厳選に吟味された食材を使って別府冷麺を提供。モチモチとしたコシの強い太麺と、天然水を使用したスープで心をこめて作り続けている。

茶房信濃屋

昭和初期に建てられた炭鉱主の別荘を、鹿鳴館をイメージして改装した趣きのある茶屋で「だんご汁」がいただける店。だんご汁は、平たいきしめん麺状に薄く延ばしたダンゴと、野菜を味噌仕立てで煮こんだ汁で、大分を打表する名物料理だ。ほかダンゴに、甘いきな粉をまぶした甘味「やせうま」もおすすめ。自家製ヨーグルト、コーヒーなどのメニューあり。

春香苑

「別府冷麺」の王道の味わいを頼むのなら、この店。喉ごしのよいツルツル麺に、別府ならではの、あっさり味の和風スープを使用。具材には、焼肉店らしい牛肩ロースを特製ダレで煮込んだチャーシューも入っている。また季節ごとに変わるフルーツのトッピングも魅力。別府では、冬でも朝鮮(平壌)系の冷麺が味わえる。

旬の店あうん

地元の食材にこだわり、その時期の「旬」の物を提供。アットホームで安くて新鮮な食材を使う店。特に、安くておいしいカワハギはおすすめ。

もっと見る