メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「ファミリーで 福岡県北九州市小倉南区」のスポット一覧

今波うどん

北九州は牛頬肉やスジ肉を「ギト」と呼び、「どきどき(ギトギト)うどん」は戦後から栄えた食文化。この店では、柔らかく煮込んだ牛スジ肉をのせて小倉名物「どきどき(肉)うどん」を提供。スジ肉はしっかり煮込まれ、クセや脂っぽさも抜け、トロトロの食感。コシのある太麺や、ダシ汁に、スジ肉の旨みが染みた逸品。

かず吉うどん

店主が丹精込めた手打ち麺を使った小倉名物「どきどき(肉)うどん」。注文を受けてから茹でる、こだわり麺はツルツル食感で、モチモチのコシあり。小倉名物「ドギ肉」は、牛の頬肉とスジ肉の両方を、じっくり柔らかく煮込んで、うどんにトッピング。頬肉は口の中でほろほろ溶けて、スジ肉はトロトロの弾力と食感。麺、ダシ、ドギ肉の相性ばつぐん。

正ちゃんうどん

牛の頬肉やスジ肉を「ぎと」と呼ぶ小倉のご当地名物「どきどき(ギトギト肉)うどん」。この店では、じっくり煮込んだ牛・頬肉がたっぷりのった「どきどき(肉)うどん」を提供。頬肉は柔らかく旨みたっぷり、口の中で溶けるような食感。うどん麺はツルツル食感の平麺。ダシ汁はやや濃いめで、頬肉と麺だしとも、クセや脂っこさがなく食べやすい。

田中敏行商店

超リーズナブル価格で、気軽に小倉名物「どきどき(肉)うどん」を堪能。北九州では牛の頬肉やスジ肉を「ドギ(肉)」と呼び、戦後頃から小倉では「どきどき(肉)うどん」文化が栄えた。肉はクセや脂っぽさがなく食べやすい。ランチタイム3時間のみ営業する店で「釜揚げうどん」も人気。

大福

行列ができる人気店の自慢は、コショウのきいた豚骨スープ。白濁のこってりとしたスープは意外にあっさり味。ごまやネギ、モヤシなどがスープの旨みを引きたてている。麺は、豚骨ラーメンには珍しい太めのストレート。トッピングのチャーシューは肉厚で、ボリュームがある。

肉うどん「蔵」

こだわり自家製を使った小倉名物「どきどき(肉)うどん」。北九州の方言で「ドキ(肉)」は、牛の頬肉やスジ肉の事。この店では、じっくり柔らかく煮込まれた牛頬肉のみをゴロゴロのせて提供。ドギ肉の旨みが染みた麺やダシ汁は、旨みたっぷり。口に入れるとホロホロ溶ける牛頬肉と、麺の相性もばつぐん。

めん処「たけや

小倉名物「どきどき(肉)うどん」は、朝飯がわりに早朝開店する店が多い。この店は早朝から行列ができる人気店で、昼前に麺切れ閉店する事も。麺はこだわりの手打ち麺でコシの強さが特徴。ドギ肉は、柔らかく煮込まれた角煮牛肉がたっぷりのる。「ドギ」とは北九州の方言で、牛肉・スジ肉・頬肉の意味。

よもぎうどん「いわさき」

ヨモギを練り込んだ、緑色の名物ヨモギうどんと、小倉名物「どきどき(肉)うどん」が味わえる。ヨモギうどんは緑色の細麺で、爽やかなヨモギの香りが魅力。肉うどんのトッピング・小倉名物「ドキ肉」は、じっくり柔らかくなるまで煮込んで提供。お勧めメニューは「ヨモギ肉(どきどき)うどん」。名物が一度に堪能できる。

ラーメン珍楽本店

県外の常連客がいる人気店。行列ができる週末は昼の早い時間に売り切れることがある。添加物をいっさい使わないスープは、豚骨独特のにおいがなく、女性客に好評。