メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「ファミリーで 北海道帯広市」のスポット一覧

味処新橋

80年もの歴史がある老舗の味処で、自慢は地元庶民にも定評のある豚丼。主人が柔らかい豚肉を、フライパンで旨味をのがさず、ていねいに焼き上げる。50年間使い込まれた特製の秘伝の醤油ダレをていねいになじませて作り出す豚丼は、一度食べたら絶対忘れられなくなる逸品である。全国から新橋名物「豚丼」を食べに来る、十勝・帯広を代表する店の一つである。

居酒屋 すぎ

国産野菜(5月過ぎからは、十勝産野菜使用)・十勝中札内十勝野ポーク100%を使用し、近海魚介類を中心に、自信を持って提供できる素材を使った料理を提供している。

御食事処侑遊亭

昼はランチメニューを取り揃え、夜は小料理屋として居酒屋メニューとなる店。使用する食材、焼酎等はできる限り北海道産のもの。豚丼はバラとロースが選べ、こだわりのたれは、一から仕込んだもの。甘みがあり調味料も山椒が似合う、ご飯のすすむタレの味である。また、臭みの無い新鮮な鹿肉(道産)を使った丼料理の鹿丼もボリューム満点。牛トロ丼は、ホカホカ御飯の上に牛トロフレークをかけた丼料理でこちらも評判である。

元祖豚丼のぱんちょう

「元祖豚丼のぱんちょう」の創業は昭和8年という老舗。その店で考案された豚丼は、炭火でじっくり焼き上げられ道内産の豚のロース肉は、柔らかく仕上げられ甘辛い秘伝のタレがよく合う。メニューの豚丼は「松・竹・梅・華」の4種類あるが、その違いは質ではなくて肉の量。「豚肉のぱんちょう」は、発祥の店として創業から今もなお、当時の味を守り続けている評判店である。テイクアウトも可。

たべものや慎之介

花咲ガニは北海道(根室が有名)とれるカニだが、カニのフンドシ料理では、帯広にある「たべものや慎之介」が有名。その他にも旬の食材を旬の時に提供する店である。

十勝豚丼いっぴん帯広本店

豚丼の基本とは、豚のロース肉を使って「炭火」で焼き、たれを絡ませさらに焼く・・・たれを重ね塗りしながら、さらにまた焼く。丼の中で豚肉と炭とたれの香りがあいまって、限りなく香ばしく焼きあがるのが「豚丼」である。十勝豚丼いっぴん」の豚肉は全国から選びに選んだ当店自慢の国産本ロースを使用。たれと絡み合った肉はジューシーな味わいで、やわらかいロース肉の旨み、豪快な美味しさがやみつきになる。

豚丼の鶴橋

豚丼で有名な帯広の中でも個性的な老舗店。量がものすごく多く、タレは甘くそして焦げたような香ばしい味、超濃厚の黒い豚丼。観光客が訪れて、初めてこの豚丼を見たとき、この真っ黒い丼物にビックリするでしょう。しかし、食べてビックリ、初め焦げっぽい味が気になるかも知れないが、一口一口食べていくたびに、なんともいえない濃くのある、味がくせになる。

ぶた丼のとん田

手切りで機械を使わない、柔らかなお肉が自慢で、帯広で地元の人たちだけでなく、他の地域の人たちからにも大人気の豚丼専門店。ぶた丼には味噌汁、おしんこ、おかずが付いてくる。脂が多いバラ肉は、柔らかくジューシー、たれは甘めでしつこくないタレに良くあっており美味しい。ロースは、ちょっと厚切りでしっとり柔らかな焼き上がりでボリュ-ム感満点。そして、ヒレは一層やわらかく他の店にない味わいが楽しめる。一度の来店といわず、それぞれを食べてみたくなる店である。

豚丼のぶたはげ

JR帯広駅から直結のエスタ帯広西館内に店はあり、アクセスが便利な帯広豚丼の人気店である。もとは老舗の天ぷら屋だが、戦前から始めた豚丼のあまりの人気ぶりに豚丼専門の店が登場。こだわりの道内産の選び抜かれた特選豚肉を850℃の高温で一枚一枚ていねいに香り高く網焼きした豚肉で、米はコシヒカリ、豚丼誕生から今日まで、その伝統の味を守り続けてきた特製の秘伝タレと3拍子そろった丼は絶品。

もっと見る