メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「講座・講演・シンポジウム 広島県」のイベント一覧

新春の展示会記念講演会「発掘された伏見人形-全国の土人形のルーツ-」

伏見人形は伏見稲荷周辺で生産された土人形で、全国の土人形の祖といわれる。講座では出土品を中心にその歴史や製作技法を紹介。定員は50名(先着順)。申込みは講演会名・名前・年齢・住所・電話番号を記入の上、Eメール・FAX・はがき・応募フォームのいずれかで広島県立歴史民俗資料館へ。講師は山本雅和さん(京都市考古資料館館長)。

歴風トーク 博物館の楽しみかた いろんな不思議にきづく場所

博物館の展示のどこをみるか。着眼点をすこし変えると、新たな魅力や不思議に気づける。いろんな角度でモノを観察すれば、博物館をはなれた暮らしの場面も、ちょっとだけ楽しくなる。そのきっかけとして博物館の側面を紹介する。話題提供者は、広島県教育委員会文化財課主任の村田 晋さん。だれでも参加可能。定員は50名(先着順)。申し込みは、はがき、FAX、Eメール、応募フォームのいずれかで資料館まで。

歴風トーク 四代にわたって受け継がれた三次人形から分かること

三次人形は江戸時代末に始まった事がほぼ定説化しているがその後の変化についてはあまりわかっていない。一つの家に4代にわたって受け継がれた70体以上の人形から、形態や裏面の墨書の分析等を通してわかってきた三次人形の移り変わりを一緒に考える。話題提供者は広島県立歴史民俗資料館主任学芸員の葉杖哲也。誰でも参加可能。定員20名(先着順)。申込は、はがき、FAX、Eメール、応募フォームのいずれかで資料館まで。