メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「講座・講演・シンポジウム 和歌山県」のイベント一覧

館長講座3「世界の博物館をたずねて」

「ぶらりあるき」シリーズでおなじみ、長年にわたり世界各地の博物館を訪問し研究を行ってきた中村館長が、博物館が社会に果たす役割などについて、わかりやすく紹介する。第3回目は、ロンドンの大英博物館を中心にイギリスの博物館のお話をする。 ※9月6日(金)13:00~資料館受付または、電話で申込を開始

旅高野 story ~高野山 知らざれる戦国時代の1ページ~

高野山大学木下先生が案内する「旅高野story」の第2弾、天下人豊臣秀吉、織田秀信、応其上人の3人にスポットを当てて高野山麓ゆかりの地を巡る旅が精進料理の昼食付で開催。

前山A67号墳 古墳公開

紀伊風土記の丘にある普段は見ることができない前山A67号墳の石室を、学芸員が案内してくれる。石室や石棺などの埋葬施設のある公開古墳とその周辺を様々な説明を聞きながら見学する。※自由見学

開かれた棺 特別展講座1

秋期特別展「開かれた棺-紀伊の横穴式石室と黄泉の世界-」に関する講座が、講師を迎え開催される。「伊都・那賀の開かれた棺と黄泉の世界観」河内一浩氏(羽曳野市)「吉野の横穴式石室―大和と紀伊のはざまで―」松田度氏(大淀町教育委員会)。 対象:小学生以上 定員:30名 ※9月20日13時~受付

特別展 シンポジウム1「紀伊の横穴式石室と古墳時代後期の社会」

秋期特別展「開かれた棺-紀伊の横穴式石室と黄泉の世界-」に関するシンポジウムが開催。タイトルは、「紀伊の横穴式石室と古墳時代後期の社会」。講演・報告:太田宏明氏(河内長野市教育委員会)/蔵冨士寛氏(福岡市)/寺前直人氏(駒沢大学)/萩野谷正宏(紀伊風土記の丘学芸員)。対象:小学生以上、定員:60名。 ※9月27日13時~受付

古墳ガイドツアー2

紀伊風土記の丘にある古墳を、学芸員が案内してくれる。普段は入れない非公開石室の内部に入って様々な説明を聞きながら見学できる。一つ一つの古墳の特徴を聞きながら観察すると、また違った一面が見えてくるかも。小学生以上対象、定員30名。 ※申し込みは電話受付、10月11日(金)13時~

おしゃべり考古学4

風土記の丘学芸員等が、これまでの体験を踏まえながら、考古学についての魅力を語る。気軽に聞くことのできる講座なので、疑問に思ったことはなんでも質問してみよう。 ※当日資料館で受付、定員30名

旧中筋家住宅 古民家で昔ばなしを聞く会

旧中筋家住宅は、江戸時代後期に建築された大庄屋の屋敷で、国の重要文化財に指定されている。毎年春と秋に、和歌山昔ばなしを語る会による、和歌山の昔ばなしの語りが行われており、好評をえている。昔、おじいさんやおばあさんが炉端で語ってくれたように、和歌山に伝わる昔ばなしを、和歌山の土地ことばで語ってくれる。受入人数は20名程度。

特別展 シンポジウム2「副葬品から天王塚古墳を考える」

秋期特別展「開かれた棺-紀伊の横穴式石室と黄泉の世界-」に関するシンポジウムを開催。タイトルは、「副葬品から天王塚古墳を考える」 講演・報告:大賀克彦氏(奈良女子大学)/土屋隆史氏(宮内庁書陵部)/仲辻慧大氏(和歌山県教育庁)/瀬谷今日子(紀伊風土記の丘学芸員) 対象:小学生以上 定員:60名 ※11月1日13時~受付

もっと見る