メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「演劇・ダンス 京都府京都市左京区」のイベント一覧

高校演劇コンクール近畿大会優秀校 第19回「春秋座」招待公演『演じる高校生』

春秋座こけら落とし以来、毎年開催している高校演劇コンクール近畿大会の優秀校2校を春秋座に招待し、本格的な舞台で作品を上演する企画。高校生向けのワークショップ、関連イベントにも期待しよう。 上演作品:洛星高等学校(京都)『とりでのむこう』脚本 寺腰玄(生徒創作)、大谷高等学校(大阪)『じみふる』作 桑原日和・高杉学(生徒顧問創作)

春秋座-能と狂言

歌舞伎劇場の空間で、伝統的な能・狂言の演目を楽しめる春秋座恒例企画。野村万作・野村萬斎・観世銕之丞も出演する注目の公演。 ※未就学児の入場不可

国語の時間

今作は、わかぎゑふが作・演出を手掛ける、京都造形芸術大学舞台芸術学科11期生による授業発表公演である。学芸会の台本を任されてしまった国語教師の谷川未佳は、日本語について調べるうちに、今まで考えたこともなかった日本語の歴史を知ることになる…。

「インディアン・ロープ・トリック」(演劇作品/世界初演)

京都芸術劇場 春秋座で上演された『水の駅』(2016年)、studio21で上演された『犯罪部族法』(2019年)が話題となったシャンカル・ヴェンカテーシュワランが、「インディアン・ロープ・トリック」という魔術をテーマに再び春秋座で新作を初演する。

罪と罰(京都公演)

チェーホフとスタニスラフスキーを生んだ演劇の国・ロシアの劇場から「罪と罰」を演出してほしいというラブコールが劇団地点に舞い込んだ。この作品は2020年6月に、小説の舞台でもあるロシア・サンクトペテルブルクで、国立ボリショイ・ドラマ劇場(BDT)のレパートリー作品として現地の所属俳優により上演されることが決定している。彼の地での初演を前に、世界中のどこよりも早く、三浦基演出「罪と罰」を上演する。

地点「正面に気をつけろ」

松原俊太郎の岸田國士戯曲賞受賞後、初上演。不条理とつぶやきたくなるような事件。最悪と思われる出来事。お決まりの別れ。それらはもはや左からでも右からでもなく、上からでも下からでも後ろからでもなく、正面からやってくる! 作者自身が演劇と出会うきっかけとなったブレヒト作『ファッツァー』をモチーフに空間現代の“音”と地点俳優陣による“声”の競演をお楽しみに。