メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「伝統芸能・大衆芸能 京都府」のイベント一覧

茶の湯講座 第4回(最終回)「茶花」

茶道はお点前の修練と同時に、その中の要素それぞれを深く学んでいくことに尽きせぬ楽しみがある。この講座ではお茶を楽しむ上で欠かせない4つの要素をピックアップして学ぶ。講座の最後には、学んだ美意識や知識を生かして実際にお点前をいただき復習。今回は「茶花」について。茶花は茶道の精神を体現している。季節を通じてその選び方を理解し、茶会での会話に自信が持てるようになろう! 定員:20名(要予約・先着順)

お米とお豆腐2020(京都公演)

落語、狂言、落言の3つを楽しめる舞台。落言(らくげん)とは、落語と狂言のいいとこ取りの新しい演芸。二十回目を迎えるこの度は、落言不動の作品「神棚」を上演。出演:小佐田定雄、桂文之助、茂山七五三、茂山あきら

第4回みほとけの音聲 ~令和の祈り~

仏教の宗教音楽「声明(しょうみょう)」 声明は大きく分けると、梵讃・漢讃・和讃の三があり、それぞれに数多くの声明が含まれている。特に、真言密教の法会儀式には、古来より声明は欠かすことのできないきわめて重要な位置をしめてきた。今回も種智院大学学生・卒業生による真言声明と叡山学院学生・卒業生による天台声明の共演は平安時代京の都に響き渡った仏教の荘厳な響きを彷彿とさせるだろう。

京都・らくご博物館(冬)~早春寄席~Vol.55

京都国立博物館では、我が国の伝統芸能である落語の上演を「京都・らくご博物館」と題して実施している。出演は、桂塩鯛、桂団朝、桂よね吉、桂吉の丞、桂米輝。演目は当日のお楽しみ。

第5回 三遊亭天どん独演会~京都公演~

流れを変えたり、強烈なインパクトを残したり、持ち前の世界観で寄席でも人気の三遊亭天どん。2月にはDVD、3月にはCDが発売予定など、今後の活躍が益々期待される人気若手真打。男子高生の悪巧みのような発想、日常の出来事が思わぬ方向へ発展する新作落語から、独自の解釈が色濃く反映され、新たに噺の魅力が引き出される古典落語まで。その豊富なネタから、見る度に新たな一面に出会える高座をお楽しみに!

第15回 桂塩鯛独演会

京都出身の塩鯛師匠は、人情味あふれる語り口で親しまれている。今回の演目は「ろくろ首」「胴乱の幸助」ほか、季節にぴったりの「愛宕山」。お楽しみに!

能楽金剛流特別企画 能楽入門 幽玄の世界を体験 ~金剛流~

楽しみながら世界無形文化遺産の「能」について学び、体験する。能楽シテ方 五流宗家の中で唯一京都に在住する能楽金剛流にて、能楽の歴史や能舞台、能面・装束、囃子についての解説を聞き、謡や仕舞の体験等を通して能楽を身近に感じる。体験後の能楽鑑賞では、豪快な動きの中にも華麗・優美さがあり「舞金剛」とも呼ばれる金剛流の舞台を楽しもう。

京都劇場プロデュース よみがえる京都講談 玉田玉秀斎の「京都がたり」 第弐回

京都源流の名跡・玉田玉秀斎(四代目)が京都を舞台に読む講談「京都がたり」シリーズ。第二回の演目は戦国最大のミステリー「本能寺の変」に挑む。歴史小説家・木下昌輝の考えた説を元に玉秀斎が創作した「真説・本能寺の変」。期待しよう! ※未就学児入場不可

能楽ワークショップ ~片山九郎右衛門がいざなう能の世界~

能は室町時代に大成し、以来約650年以上の間日本を代表する芸能として存続してきた。美しい装束や興味深い能面、舞台に展開される優美な舞に加えて謡や囃子の妙味…、能の素晴らしさは一言で言いあらわせない。今回は、観世流能楽師十世片山九郎右衛門が普段は非公開の片山家で、初心者にもわかりやすい内容で紹介する。昼食は祇園の「HANA吉兆」にて、今回特別の季節のコースをいただく。

もっと見る