メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「伝統芸能・大衆芸能 石川県」のイベント一覧

山中節道中ながし

三味線演奏家、本條秀太郎氏、本條流一門と山中温泉の地元民ら300人余りが、三味線と胡弓を弾き踊りながら、初秋の温泉街をしっとりと流す。

県下太鼓打競技大会

県内各地から腕自慢が集まり、競技は大バイ、小バイと呼ばれる2人1組で行われる。打ち込み・芸・調子が採点され、最高位の大関を目指して例年50組ほどが出場し、勇壮な太鼓の音と打ち手の掛け声が、夜遅くまで境内に響き渡る。

山代大田楽

夏の夜空に響きわたる「大田楽」は、中世に流行したというなぞの芸能「田楽」を総合芸術家 五世 野村万之丞が日本各地の芸能や音楽を取り込み現代によみがえらせた作品。躍動感あふれるリズムと踊り、華やかで奇抜な衣裳、神秘的な笛の音と松明や篝火の炎が山代温泉中心街の特設舞台に繰り広げられる。開催期間中には、会場周辺で毎日縁日コーナーなど多彩な催しが開催される。

第38回野々市じょんからまつり

野々市市を代表するまつりで、まちの人たちが大きな輪になり、暑さも忘れて踊りを楽しむ。特設ステージでの太鼓や吹奏楽演奏、参加型イベントなど、一日中多彩なプログラムが繰り広げられ、夜の野々市じょんから踊りでまつりは最高潮に達する。昭和42年(1967年)に市指定民俗文化財となった。