メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「観察・ウォッチング 栃木県」のイベント一覧

ネイチャートレッキング社山

登山初心者から中級者向けのトレッキングイベント。足尾と奥日光を隔てるように走る展望の良い尾根を歩き、それぞれの秋の景色を楽しみながら頂上を目指す。登山口までの往復はモーターボートを利用し、湖上からの景色も楽しめる贅沢少人数ツアー。定員は8名(超過した場合は抽選)。申し込みは10月2日(水)までにHPまたはFAX、はがきにて。対象は6時間以上の登山が可能な小学校高学年以上。

日本文化から見る、紅葉の森歩き

「紅葉狩りっていつから始まったの?」「昔と今では、鑑賞方法はどう変わってきたの?」秋の風物詩である「紅葉狩り」だが、その起源などは知らない人が多いのではないだろうか。今回の紅葉の森歩きでは、日本文化の観点から様々な鑑賞方法や起源を紐解いていく。日本人ならではの自然観や美意識などが垣間見えてくる! 紅葉狩りの知らなかった一面を発見しに出かけてみては? ※高校生以上対象、昼食持参

小田代原「草紅葉」ガイドウォーク

本格的な木々の紅葉の前に訪れる草紅葉の絶景を、自然解説員による解き明かしとセットでより深く楽しむ。平坦で幅広の木道を片道1km歩く、お手軽ハイキングイベント。各回定員は先着15名程度。当日申込は受付場所にて各回利用バスの発車15分前まで(開催現地の小田代原では受付を行わないため注意)。申し込み方法ほか、詳細は日光自然博物館HPへ。

【紅葉・見ごろ】中禅寺湖

奥日光の入り口に位置する中禅寺湖。周囲約25km、最大水深163mで、およそ2万年前に男体山の噴火による溶岩で渓谷がせき止められ、原形ができたといわれている。男体山のふもとに広がるのどかな湖畔は四季折々の表情を楽しめ、特に初夏のツツジ、秋の紅葉が見事。また、遊覧船に乗って水上からの景色を楽しむのもおすすめ。紅葉シーズンには「紅葉廻り」コースも運行される。

【紅葉・見ごろ】裏見ノ滝

大谷川の支流荒沢川の上流にある、高さ約45mの滝。元禄2(1689)年に奥の細道行脚で日光を訪れた芭蕉は、この滝を見て「暫時は滝に籠るや夏の初」の句を詠んだ。滝の周りが紅葉で彩られる秋の光景も美しく、その時期に芭蕉が訪れていたら、また違う句が生まれたかも…? 滝の裏には不動明王がまつられているが、現在はお参りすることはできない。

【紅葉・見ごろ】霧降ノ滝

古くから華厳ノ滝、裏見ノ滝とともに日光三名瀑の一つに数えられている。霧降川にかかる滝は上下2段になっていて、上段が25m、下段が26m、高さは75mある。下段の滝が、まるで霧を降らせるかのように水が岩に当たり、飛び散って流れ落ちる。その様子からこの名がついたといわれる。周囲の景観と溶け合った滝の姿は美しく、新緑から紅葉まで楽しめる。

佐久山御殿山もみじ祭

まつり期間中は、指定樹齢200年のイロハモミジ(大田原市名木百選)など公園内のもみじのライトアップを行い、紅葉が織りなす幻想的な雰囲気を楽しむことができる。風景の良さからカメラマンも来場する場所。秋の陽ざしに赤く色づく紅葉と、ライトアップされ夜空に光る紅葉を写真に収めてみてはいかが?

【紅葉・見ごろ】竜頭ノ滝

男体山の噴火によってできた溶岩の上を210mにわたって流れ落ちる滝。幅10mほどの階段状の岩場を勢いよく流れる渓流爆。滝つぼ近くが大きな岩によって二分され、その様子が竜の頭に似ていることからこの名がついたといわれている。9月下旬ごろからは紅葉の名所として人気が高く、モミジやシナノキなどに彩られた美しい景観が楽しめる。観爆台から眺める紅葉に彩られた滝つぼの眺めは最高の美しさ。

【紅葉・見ごろ】湯滝

湯ノ湖の南端にある高さ70m、長さ110mの滝で、湯川をせき止めて湯ノ湖をつくった三岳溶岩流の岩壁を湖水が流れ落ちる。滝壺に下りられ、その近くに観爆台があって、迫力ある姿を眺められる。戦場ヶ原から北上するハイキングコースの途中にあり、バス停、湯滝入口からも近い。10月上旬~中旬には紅葉が見ごろを迎え、秋の行楽客で賑わう。

もっと見る