メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「展覧会 沖縄県」のイベント一覧

33年の足跡 伊賀 小島憲二陶展~沖縄に遺したもの~

沖縄での個展を始めて34年目を迎える伊賀焼の陶芸家・小島憲二氏。これまでの33年の足跡を、沖縄に遺した作品とともに振り返る。伊賀焼は三重県伊賀市丸柱を中心とする地域で作られてきた陶器。桃山時代には多くの茶道具が作られ、日本人独特の茶の湯の美意識が反映されてきた。沖縄から得た刺激を新しいカタチにして発表してきた小島氏。伝統的な伊賀焼の魅力と、新しい作風を取り入れてきた小島氏の作品の魅力を紹介する。

花模様の紅型衣裳/朱漆の漆器

今月は、尚家資料から花模様の紅型衣裳を紹介。牡丹、桜、菖蒲、梅、菊などの花模様が描かれた鮮やかな紅型。調度品は、朱漆の漆器。漆器の中でも朱漆に沈金で精緻な模様を隙間なく埋め尽くしたものは、首里城内の儀式に用いられた、格式の高いものとされている。新年にふさわしい華やかな展示を観覧しよう。

浦添市市制施行50周年記念展・令和2年度第3期常設展「日本遺産認定記念-琉球の器を楽しむ!!-」

昨年5月、県内初の日本遺産に「琉球王国時代から連綿と続く沖縄の伝統的な『琉球料理』と『泡盛』、そして『芸能』」が認定された。浦添市美術館所蔵の漆器44点と琉球交易港図屏風もこれを構成する大切な要素。この度浦添市美術館では、日本遺産認定を記念して「琉球の器を楽しむ‼」を開催し、食の器や盃などの酒器、ユニークな形の器を展示する。この展覧会で漆器の魅力を発見して、お気に入りの一品と出会おう。