メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「展覧会 福岡県」のイベント一覧

津幡光浩写真展「がっこうの こども」

この写真展では、素晴らしい表情、あるいは訴える力を秘めた作品を展示する。カメラを向けファインダーを覗くと、不思議と、その子の心のようなものまで感じることができる。作品を通してこどもの心を感じよう。

江口愼一写真楽園 第5回作品展「光の森」(福岡)

46名の作品で構成されている“第5回 江口愼一楽園作品展「光の森」”。テーマは四季折々の自然美や造形の妙味を軸に、各個人それぞれの自由な発想と表現による作品群。自然をモチーフにしたマクロ表現から風景までジャンルは広く、四季の流れや季節感の変化を演出しつつ、会場全体を通してひとつの自然観や主張を訴えている。

第2回 Freestyle Photoclub写真展

Freestyle PhotoClubは2015年9月の発足された団体。会員は福岡・北九州・大分地区の方々約130名で構成されている。野田益生先生が中心となり、様々なイベントを企画。宿泊ツアー、日帰りツアー、街歩きお散歩撮影会、モデル撮影会、写真セミナーなど積極的に活動している。今回の写真展は、40名の会員の四季を通した様々なジャンルの作品を展示する内容。

川上信也写真展「ついでのねこ展」

2月22日の ”猫の日” にちなんで企画した今回の展覧会。川上さん本人によるギャラリートークをはじめとする関連イベントも盛りだくさん。会場にて、個性的で愛らしい猫たちの表情と接して、癒しと微笑みに満たされてみてはいかが?

九州歴史資料館パネル展「筑紫地区文化財写真展 ちくし再発見-ぶらり古墳めぐり-」

筑紫地区で見つかった古墳時代の文化財にスポットを当てたパネル展。開発の波にのまれて消滅した古墳もあるが、地域の人々の手で今の大切に守られている古墳は少なくない。今も市街地にひっそりと息づく古墳をぶらりとめぐってみては。

武井博昭写真教室 作品展(全4回)

ポートレート、スナップ、風景、こんなにもまとまりのない彼らを繋げたものはInstagram。今どきといわれ、インスタ映えと揶揄されるような事もあるそうだが、彼らはそのおかけでスマートトフォンではなくカメラを手に取り、写真を撮るきっかけとなった。各々が目にしてきた多種多様な「好き」を紹介する写真展。

特別展「発掘された日本列島2019」

日本列島では毎年8,000件近い発掘調査が行われている。このうち、近年発掘された遺跡や、成果がまとまった注目の12遺跡約400点を速報展示。西日本での展示は大野城心のふるさと館だけ! この機会に足を運ぼう! 特集展示1:福島の復旧・復興と埋蔵文化財 特集展示2:記念物100年

九州歴史資料館企画展「太宰府天満宮の境内絵図-さいふまいりの江戸・明治-」

菅原道真公を祀る太宰府天満宮に詣で周辺の名所を訪問することは「さいふまいり」と呼ばれており、参詣土産の一つに太宰府天満宮境内絵図の版画があった。当時の境内の様子を知る歴史的資料であるだけでなく、図様や構図に個性が見られ、美術作品としても興味深いもの。今展では、江戸時代から明治期の境内絵図を集めて紹介する。

福岡城下で暮らす

現在、私たちは日本国憲法第22条にある条文により、どこに住んでも、どこに引っ越しても、どのような仕事を選んでもよいということになっている。身分制社会であり、人々の引っ越しも現在のように自由でなかったとされる江戸時代、福岡城下での生活はどのようなものだったのだろうか。この展示では、規則やお金といった面に注目して福岡城下の歴史を考えてみる。

もっと見る