メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「展覧会 高知県」のイベント一覧

酒井敦美 光の切り絵展~いつもはじまり~

酒井敦美さんの作品は、初めて見る人をあっと驚かせるインパクトに富んだ切り絵でありながら、見た人の心をほっこりと温めてくれる、そんな力をもっている。今展では「はじまり」をテーマに、春らしく明るく優しさにあふれた作品群で入場者を迎える。敦美ワールドの魅力を楽しもう。

フラフができるまで

五月の青空のもと、鮮やかにはためく大きな大漁旗。これは「フラフ」と呼ばれ、高知の端午の節句に揚げるフラフは、大きいもので縦4m・横7mもある。染物の仕事もしていたとされる町絵師・絵金。絵金の描いたフラフや凧などは確認できていないが、絵金の理解を深める上で、非常に重要な工芸品といえる。今回は吉川染物店さんの協力のもと、「フラフ」ができるまでを3段階に分けて紹介する。

「ひきだしのなかの名作」展 後期

「ひきだしのなかの名作」は昭和女子大学名誉教授・西本鶏介さん監修のもと、世界の名作より12の物語が厳選され、2016年から2019年にかけてフレーベル館から刊行された。大人にとってはなじみのあるお話も、原典に忠実な再話文とイメージ豊かな絵によって、新鮮な気持ちで楽しむことができる絵本シリーズ。今展覧会後期では、幅ひろい童話の世界を紹介。