メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「展覧会 山口県」のイベント一覧

特別展「やなせたかしのきせき アンパンマンを生んだひと」

アンパンマンの作者として知られるやなせたかし(1919~2013)。彼は、童謡「手のひらを太陽に」の作詞や漫画家、絵本作家、詩人、編集者、イラストレーターとして幅広く活躍した。生誕100周年にあたる今年、公益財団法人やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団の協力のもと、代表作「アンパンマン」などの原画やタブロー画、制作資料約130点の作品・資料で、やなせたかしの多彩な軌跡をたどる。

没後90年記念 岸田劉生展 孤高なる絵画への道

日本近代美術史に大きな足跡を残した洋画家・岸田劉生(1891-1929)。山口県徳山(現:周南市)で客死してから90年を迎える今年、『麗子微笑』など代表作を中心に、その孤高なる画業の変遷をたどる。

写真家・蒲池弘吉 写真展“Feeling Journey”「冬」

写真家・蒲池弘吉写真展「Feeling Journey」日本全国を旅して撮影・制作した四季折々の風景写真を展示。春・夏・秋・冬、季節毎に作品を入替。今期間中は「冬」をテーマにした作品が並ぶ。

烏山民俗資料館企画展 近代的徒歩旅行

19世紀末のヨーロッパで生まれたハイキングは、昭和の初めに日本でもブームとなったが、昭和10年代戦時体制の進行とともに政府は「ハイキング」を「徒歩旅行」と言い換えて青少年の心身鍛錬を強調するようになり、もとの行楽的要素は排除されていった。今展では、昭和14年発行の『青年徒歩旅行』を中心に、同時期の紀行文や古写真も併せて紹介。また会場の川棚温泉交流センターは建築家隈研吾の設計で知られる。

烏山民俗資料館 湯浅倉平生誕145年記念展

湯浅倉平(明治7~昭和15年)は下関市豊浦町旧宇賀村出身の政治家。昭和11年の二二六事件では宮内大臣として昭和天皇を補佐し事態の収拾に努めた。湯浅倉平67年の生涯と謹厳実直な人柄、湯浅をふるさとの誇りとして慕う宇賀村の人々の姿を紹介する。主な展示物は、湯浅倉平の年譜、二二六事件に関する新聞記事、官服、勲章、昭和天皇恩賜品など。また会場の川棚温泉交流センターは建築家隈研吾の設計で知られる。