メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「展覧会 島根県」のイベント一覧

古代出雲歴史博物館 卑弥呼の鏡? 三角縁神獣鏡をつくろう!

ミニサイズの三角縁神獣鏡づくり(要事前申込)。古代の鏡の話や、特別展の見どころガイダンスも聞ける。特別展は、体験後に自由観覧できる。体験は1日2回、定員各回10名。小学生以上対象(火気使用のため、参加者が6年生未満の場合は保護者同伴)。当日は高校生以下無料デーのため、対象者は実質体験料のみで参加できる。付き添いの保護者は特別展観覧料のみ必要。

再興第105回院展

再興院展は、1914年以来続く日本美術院による日本画の公募展。毎年9月の東京展を皮切りに、全国を巡回。今展では、同人作品をはじめ、受賞作品、及び入選作品を展覧する。新型コロナウイルスの感染拡大防止の為、急遽の展覧会中止、会期延長などもやむを得ない場合あり。電話等で問合せの上会場へ。

ギャラリー展 石見の春展

石正美術館の建つ、自然豊かな石見地方の春にあわせた展覧会。一般から募集した春にまつわる作品を展示する。

島根大学総合博物館ミニ企画展「旧制松江高等学校写真展 in 島根大学旧奥谷宿舎」

ちょうど100年前の1921(大正10)年、島根大学の前身校「松江高等学校」(淞高)に第1期の学生たちが入学した。以来、今日まで、多くの若者がこの学び舎の門を叩き、巣立っていった。旧制松江高等学校に関わる唯一現存の建物、島根大学旧奥谷宿舎で、当時の写真から淞高の歴史をふりかえってみよう。

令和2年度 風土記の丘地内 発掘調査速報展

令和2年度に風土記の丘周辺で行われた最新の発掘調査の成果を大公開。新たな発見があった出雲国府跡や、『出雲国風土記』に登場する「朝酌渡」に関わる朝酌矢田2遺跡など注目の発見を紹介する。紹介遺跡は出雲国府跡(松江市大草町)、朝酌矢田2遺跡(松江市朝酌町)、若宮谷遺跡(松江市朝酌町)、山代郷南新造院跡(松江市山代町)。

高橋まゆみ人形展

懐かしいあの人の笑顔、あの人の涙。ふと鼻先を霞める故郷の香り。今回の展示では、遠い記憶の片隅にある大切な人との想い出、日々の生活を再現した。「こんな日々もあったなぁ」そう感じさせてくれる高橋まゆみ氏の人形は多くの人を感動へと誘い、胸を熱くさせる。今井美術館にあの日のあの人、あの日のあの声を探しにいこう。去りしあの日に戻れるならば、あなたは何を願う?

企画展 神遊び 写真家並河萬里と古代のまつり

島根県ゆかりの写真家並河萬里は島根に根付くまつりを「神遊び」と表現している。神楽の舞やお囃子に心躍らせ見つめる子どもたちの姿、まるで自然と神が遊んでいるかのよう、と夢中でシャッターを切ったといわれている。今回の展示は出雲に残る至宝やまつりに興じる人々の写真と、遺跡から出土した考古資料を展示し、現代と古代のまつりの姿を紹介する。

今、ここに生きる~信じたものがカタチになる~

石州和紙の紙漉き職人、瀬野田真紀さんの作品展。紙漉き研修生として三隅町に移住して4年。和紙工房で働きながら休日に和紙の作品を作っている。制作過程での和紙の変化を楽しみながらカタチにしていくことを大切にしている。

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館蔵品巡回特別展 しきしまの大和へ 奈良大発掘スペシャル

東京・横浜・九州を巡回してきた展示が出雲にも! 今回の展示では、令和元年度に東京国立博物館で開催されながらも会期途中で終了してしまった特別展「出雲と大和」で展示された全国屈指の優品のほか、彩色壁画で有名な高松塚古墳の出土品など他館の巡回展で出品されなかった資料も公開される。展示室内ではクイズラリーを開催。ラリー用紙はペーパークラフトになっており、クイズが終わった後に工作して楽しめる。

もっと見る