メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「展覧会 和歌山県」のイベント一覧

秋期特別展「埴輪が語る古墳の祀り」

今城塚古墳などヤマト政権の有力古墳で出土した埴輪群と大谷山22号墳や大日山35号墳、井辺八幡山古墳をはじめとする岩橋千塚古墳群の埴輪群などを紹介し、紀伊の人々が古墳で執り行った葬送儀礼について考える。

開館50周年記念 特別展「もうひとつの日本美術史-近現代版画の名作2020」

版画は日本の近代美術を際立ってユニークなものにしている。しかし1964年の東京オリンピックにあわせて開催された芸術展示「近代日本の名作」には、版画作品はほとんど取りあげられなかった。今展では福島県立美術館と和歌山県立近代美術館がそれぞれの風土と向き合いながら作り上げてきたコレクションを中心に、地方都市から「もうひとつの」日本近代美術を発信する。

令和2年度 夏期企画展 如来 ーNYORAIー

「如来」とは「悟った者」という意味で、仏の最高位にあたることから、古来より様々な人々の信仰を集めてきた。曼荼羅の中心に位置する大日如来、極楽浄土に導く阿弥陀如来、無病息災をかなえる薬師如来などが知られ、主にお寺の本尊として祀られている。高野山霊宝館では、様々な如来像、また如来に関わる文化財が数多く伝わっている。今回の展覧会では、高野山霊宝館に所蔵されているこれらの中から珠玉の文化財を展示。

開館50周年記念 和歌山県立近代美術館「コレクションの50年」

和歌山県立近代美術館は、1963年和歌山城内開館の和歌山県立美術館を前身とし、1970年和歌山県民文化会館1階にて23年間の活動後、1994年に現在の場所へ新築移転、今年開館50年を迎えた。それを記念して開催する今展は、和歌山県立美術館時代の収蔵作品83点を引き継ぎ、半世紀にわたり約13,000点の作品を収蔵するまでになった。多くの人に支えられながら築かれたコレクションを観覧しよう。