メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「展覧会 京都府」のイベント一覧

ARTISTS’ FAIR KYOTO 2021

若手アーティストの登竜門としても回を重ねるごとに賑わいを呼んでいるARTISTS’FAIR KYOTO。歴史ある京都を舞台に、アーティストが企画から出品までを行う、これまでのアートフェアの枠組みを超えた新しいアートイベント。「ARTISTS' FAIR KYOTO 2021」では新型コロナウイルス感染症対策への取り組みを行い、安全かつ安心して作品を鑑賞できるよう、日時指定の事前予約制にて開催。

小川多佳子 陶展 -護り-

六代続く京焼の名門“文齋窯”。六代当主、小川文齋氏を補佐し、自らも陶芸家として活躍している小川多佳子氏の個展。繊細さと大胆さの両方を感じる作品は、小川家の伝統と多佳子氏の個性とが光る作品。今展も、手ひねりから制作された鑑賞陶器の数々を展示する。

新鋭日本画四人展 青木香織/北島文人/中尾博恵/西川礼華

若手日本画家の創造を後押しする「京都日本画新展2021」(JR西日本、京都新聞主催)創造性あふれた若い人材の活動を奨励し、京都文化の発展に寄与することを主眼に開催。ポルタギャラリー華では、「京都日本画新展2021」の関連企画として、過去に京都日本画新展に出品した次世代を担う新鋭作家四人による作品展を開催。伝統と文化、日本画を志す若手作家の作品の数々をお楽しみに。

ジェットダイスケ 写真展「空蝉ファイナル+」

これまで空蝉シリーズでは、蝉の羽化を生まれ変わりの瞬間としてとらえ、その神秘性や力強さにスポットライトをあててきた。過去開催の「空蝉ファイナル」ではそれらに加え、不幸にも羽化に失敗したもの=死を決定づけられた瞬間にも目を向けた展示とした。特に、生きながらも他者にジワジワとむさぼり喰われるさまは、現代社会に生きる我々自身の姿にもオーバーラップするもので、多くの共感を得た。

三宅章介 写真展「切妻屋根の痕跡のための類型学」

ひとつとして同じものがない痕跡が、かつてそこに在った人々の営みや、建物と建物との関わりを窺わせる。京都の街並みに残る、取り壊された家屋の痕跡を写した写真展。

ゴトウ ヨシタカ 写真展「Mission : Nolan」

映画監督クリストファーノーランの作品の世界観をフィルムカメラによる多重露光で撮影したフィルム写真展。ノーランはアナログでの撮影にこだわり、一見CGでの制作と思われるシーンでも、実は実写で撮影していることが多くある。そんな彼の作品に感銘を受け、その世界観をアナログな技法で撮影した写真作品を展示。「Mission : Nolan」とはいつかノーランにこれらの作品を見てもらうと言う計画だ。

令和3新春展 のんびりいこう、丑の年

新しい年を迎え、このたびの展覧会では、丑年にちなんだ作品や、近年新たに収蔵された作品を中心に約30点を紹介。

特別展「京都市指定の文化財」

京都市が指定・登録する文化財のなかから「車争図屏風」(仁和寺)、「薬師如来立像」(神光院)、「方広寺大仏殿遺物」(方広寺)など、平安時代から江戸時代初期にかけての美術工芸品を展示。また、京都市文化財保護課発足50年周年を記念し、文化財修理や保護の取組みについても紹介。

清永安雄 作品展

清永安雄の写真作品「無間」、「ハノイ」、「RawHawaii」、「REAL」、「6%」など、過去に発表したシリーズを展示・販売する。これまで、抽象・具象の両分野で、さまざまな作品を手がけてきた清永安雄の作品を観に行こう。

もっと見る