メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「展覧会 愛知県」のイベント一覧

絵本朗読会

1月25日(土)から3月29日(日)まで開催される特別展「やなせたかしとアンパンマン展」の関連イベント。やなせたかしが生み出したさまざまな絵本の朗読会を、2日間に渡って開催。朗読は中京テレビ放送アナウンサー。当日先着100名。

市民ギャラリー企画展「心に響く風景画の魅力」

水墨画、日本画、油彩画それぞれには技法に応じた表現の方法がある。画家たちは目の前の風景をスケッチなどを通し、自身の内面に置き換え再構成してゆく。体験など心のフィルターを通すことで、イメージの世界を膨らませ一段と味わい深い世界へと広がる心象風景も作品の見どころの一つ。市民ギャラリーで収蔵する作品と、地元で活躍する現代の作家の作品を含め、多様な風景画を紹介。

清須市はるひ絵画トリエンナーレ アーティストシリーズ Vol. 91 しまだそう展

清須市はるひ美術館では開館以来、新たな才能の発掘・育成を目指し、絵画(平面作品)の公募展を継続して開催してきた。「アーティストシリーズ」は、この公募展で高く評価された作家から厳選し、個展形式で取り上げる展覧会。今回は、2018年におこなわれた公募展「清須市第9回はるひ絵画トリエンナーレ」で優秀賞を受賞したしまだそうを紹介する。進化を続ける作家たちの個性をお楽しみに。

清須市はるひ絵画トリエンナーレ アーティストシリーズ Vol. 92 羽尻敬人展

清須市はるひ美術館では開館以来、新たな才能の発掘・育成を目指し、絵画(平面作品)の公募展を継続して開催してきた。「アーティストシリーズ」は、この公募展で高く評価された作家から厳選し、個展形式で取り上げる展覧会。今回は、2018年におこなわれた公募展「清須市第9回はるひ絵画トリエンナーレ」で優秀賞を受賞した羽尻敬人を紹介する。進化を続ける作家たちの個性をお楽しみに。

企画展「第11回 歴史民俗資料館ひなまつり」

季節の伝統行事である「ひなまつり」を通して、伝統文化に親しんでもらうために、「第11回 歴史民俗資料館ひなまつり」を常設展示室にて開催する。また、愛知県内の博物館・資料館など(計35館)を巡る「おひなさまスタンプラリー」も開催する。

企画展「鬼頭正信 鍛金の世界展」

市内在住作家の鬼頭正信氏は、金属造形の第一人者として世界から注目をされており、市内外に多くのモニュメント作品が点在している。今回は、金属造形の在り方・作品としての道具などを含め、初期から近年までの作品を展示・紹介する。1、大府で見られる鬼頭正信作品 市内に所蔵されている作品一覧パネル、野外モニュメント作品写真 2、レリーフ作品 3、作品としての道具 など

常設展 どうぶつパラダイス !! 美術と絵本にみる動物表現

心を癒す愛らしい動物、本物と見紛うリアルな動物、空想上の恐ろしい動物など、美術作品や絵本などに登場するいろいろな動物を同館コレクションの中から集めて展示する。多様な視点で表現された動物たちとの出会いをお楽しみに。

常設展 1960-70年代のポスター アングラ演劇を中心に

当時隆盛した天井棧敷や状況劇場などアングラ演劇を中心に、舞踏、美術、漫画、音楽関連のポスター群を展示。新進気鋭のデザイナー、イラストレーター、美術家らの強烈な個性とともに、激動した時代の熱気を館コレクションで振り返る。

没後90年記念 岸田劉生展

大正から昭和にかけて活躍した画家・岸田劉生(1891-1929)。代表作“麗子微笑”(重要文化財)を含む初期から最晩年までの作品150点余を年代順に紹介し、劉生の歩んだ絵画の道をたどる。※会期中、一部展示替えあり。前期は1月8日(水)~2月2日(日)。後期は2月4日(火)~3月1日(日)。※重要文化財“麗子微笑”の展示は1月8日(水)~2月16日(日)

もっと見る