メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「展覧会 愛知県」のイベント一覧

島尻るりこさん写真展「えがお」

とだがわこどもランドの新しいホームページに写真を提供されたカメラマン・島尻るりこさんの写真展。とだがわこどもランドで撮影した写真などを展示する。写真に写っている子どもへは、L判・2L判の写真をプレゼント。

清須市はるひ絵画トリエンナーレ アーティストシリーズ Vol. 94 干場月花展

清須市はるひ美術館では開館以来、新たな才能の発掘・育成を目指し、絵画(平面作品)の公募展を継続して開催してきた。「アーティストシリーズ」は、この公募展で高く評価された作家から厳選し、個展形式で取り上げる展覧会。今回は、2018年におこなわれた公募展「清須市第9回はるひ絵画トリエンナーレ」受賞者のなかから、干場月花を紹介する。進化を続ける作家たちの個性をお楽しみに。

清須市はるひ絵画トリエンナーレ アーティストシリーズ Vol. 95 阿部紅展

清須市はるひ美術館では開館以来、新たな才能の発掘・育成を目指し、絵画(平面作品)の公募展を継続して開催してきた。「アーティストシリーズ」は、この公募展で高く評価された作家から厳選し、個展形式で取り上げる展覧会。今回は、2018年におこなわれた公募展「清須市第9回はるひ絵画トリエンナーレ」受賞者のなかから、阿部紅を紹介する。進化を続ける作家たちの個性をお楽しみに。

企画展「なごやのうつりかわり」体験学習室

企画展「なごやのうつりかわり」と連携した体験ブース。生活道具のうつりかわりや名古屋のまちの変化を、クイズやパズルなどで楽しく学ぶことができる。

新春展 菓子のうつわ

主菓子を盛る五段重ねの縁高や食籠と呼ばれる蓋の付いた容器、さらに手付鉢や、平鉢のほか、干菓子を盛る盆や足の付いた高坏などさまざまな菓子器を展示。陶磁器や漆器などの素材や、色や形、装飾文様など多様性に富み、菓子器ごとに盛り付ける菓子を想像しながら楽しもう。

企画展 竹-日本の美-

四季を通じて青緑を保ち真っ直ぐに育つ竹は、清らかさや繁栄の象徴と考えられてきた。特に中国では、松や梅とともに高潔さの象徴である「歳寒三友」の一つとして愛され、日本では『竹取物語』などの文学作品で登場するとともに、吉祥的な意味合いを強くした。また高い強度と柔軟性をあわせ持つ竹は、様々な工芸品に用いられてもいる。竹にまつわる様々な作品から、竹とともに育まれた日本の美意識を探る。

企画展 動きや音を楽しむ 樋口一成 木のおもちゃ展

愛知教育大学で、木のおもちゃデザイナーの樋口一成氏が制作した作品を紹介する。樋口一成氏が制作した木のおもちゃはユニークな動きをしながら音を奏でるのが特徴的だ。おもちゃの実物展示や、おもちゃの動きが分かる映像を通して、木のおもちゃを楽しむ。

開館30周年記念特別展「家康と松平一族」

松平一族は、松平郷(現豊田市)を発祥の地として、三河の各地域に多数の一族を分立した。のちに家康を輩出することとなる安城松平家もそのひとつで、今回の特別展では、戦国時代から江戸時代初期(16世紀初頭から17世紀中頃)を対象として、三河における松平一族の活動を示す古文書・系図や、家康の関わった合戦を描いた屏風、絵図面、さらに全国各地に伝わる松平各家の甲冑や城絵図などの資料を一堂にご覧あれ。

常設展 絵画を愉しむ 耳をすまして

人びとの歌声や話し声、楽器が奏でる美しい音色、かすかな風のざわめき、雑踏のノイズなど、“音”を感じる作品を、同館コレクションの中から紹介する。耳を傾けながら作品に向きあうと、さまざまな音が聞こえてくるだろう。にぎやかな音の世界をお楽しみに。

もっと見る