メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「展覧会 静岡県」のイベント一覧

土屋誠一 石地蔵展

混沌とし、不安定な今。縁結びで有名な西光寺で「縁結び地蔵」をテーマに、ノミ跡を残した手彫りの石作品を展示する。石地蔵など大小、40点ほどが並ぶ。少しでも安らぐ気持ちを持ってもらえたら…との思いで開催される。

佐野美術館創立55周年・三島市制80周年記念 『ねないこだれだ』誕生50周年記念 せなけいこ展

夜更かしの子どもがおばけに連れていかれてしまう絵本『ねないこだれだ』は、1969年に世に出て以来、世代を越え愛読されている。同作の誕生50周年を記念した、絵本作家・せなけいこ初の大規模個展が、ついに静岡にやってくる。おばけや妖怪、うさぎなどをモチーフにした代表作から近作までの絵本原画、デビュー前のイラストや紙芝居の仕事、関連資料を含め約250点により、せなけいこの創作の全貌を紹介する。

佐野美術館創立55周年・三島市制80周年記念 言霊の墨 金澤翔子の世界

言葉の本質を筆と墨で表現し、人々を励まし勇気づける作品を発表するダウン症の天才書家・金澤翔子の展覧会。書家の母・泰子の手ほどきで5歳より書の道を歩みはじめた翔子は、20歳の記念に開催した初個展が反響を呼び多くの支持を得て、以来書家として国内外に活躍の場を広げている。今展では、10歳で力の限り挑み書きあげた「涙の般若心経」、NHK大河ドラマ『平清盛』の題字など代表作から近作まで約50点を紹介する。

内田真之介写真展 夏色フォトグラフィー

地元静岡市で商業カメラマンとして活躍する、内田真之介(うちだしんのすけ)氏の写真展。2015年より個人的なプロジェクトとして「夏色フォトグラフィー」の撮影を開始。毎年欠かさず撮影を行い、写真集制作・写真展を精力的に行っている。2019年より春の卒業生も対象に撮影し、今回はその作品が会場に展示される。

企画展「貨客船の移り変わり」

日本の商船は、貨物船に次第に旅客を乗せることにより発達していった。明治時代前半の航海は和船による沿岸航路に、欧米から購入した汽船による長距離航路が加わったが、この長距離航路は明治10年代に成立した日本郵船や大阪商船が大きく発展させてきた。日本の開港後から第二次世界大戦までの貨客船の時代を2つの船会社の船により紹介する。

生死を超えて ダミーが観た世界 石井武夫展

石井武夫は1940年生まれ。東京教育大学(現・筑波大学)教育学専攻科芸術専攻修了。独立展を中心に発表を続け、第20回安井賞展で佳作賞受賞、その後多くの個展を開催するなど、現代洋画界の第一線で活躍している。生と死とは何か、我々が生きる世界とは何か。ダミーが観てきたもの、代弁するものを俯瞰することによって、その答えに近付けるだろう。今展は、初期の小品から最新にわたる300号の大作までを一堂に展観する。