メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「展覧会 山梨県」のイベント一覧

彫刻家はしもとみお展 いぬねこたちの冬ものがたり

NHK“ダーウィンが来た”でも取り上げられた、今注目の動物彫刻家はしもとみおさんの犬、猫たちの作品展が八ヶ岳の古民家で行われる。動物の生命を吹き込んだ木彫り作品を間近で見る絶好の機会なので、家族そろって出かけよう。土日は混雑が予想さるため、平日の来場がおすすめ。

リサとガスパールのクリスマス2019 リサとガスパール絵本原画展

人気絵本シリーズ「リサとガスパール」の絵本原画展。クリスマス、冬をテーマにした絵本や描き下ろし作品を中心に、約50点の原画を展覧。合わせて、制作の過程がうかがえるラフスケッチなども展覧する。

特別展「現代日本の工芸 国際交流基金寄託作品と山梨の工芸」

国際交流基金所蔵の工芸作品は、20年近くかけて世界各国で展示された後、同館へ寄託となった。第1部では、人間国宝6人を含む、現代日本を代表する工芸家の作品60点余りを全て展示。「陶磁器」「漆芸」「金工」「ガラス」など、日本の工芸の多様な技術と表現を紹介する。第2部では、様々な技法で制作する山梨ゆかりの工芸家の作品を展示。現代日本の工芸を、山梨の土壌で育まれた作品とともに堪能できる。

キュレーターズ・アイ「長谷川創展」

山梨市で制作を行う長谷川創(はじめ)は、金属工芸を軸としながらも、工芸という枠組みにとらわれない作品を手がけている。日常の生活をテーマとし、今展では、館内に金属でできた和室のような空間が出現する。作家による体験型イベントもあり。日時:会期中の日曜日、正午~16:30。場所:ギャラリー・エコー(美術館エントランス)。体験可能な人数に限りあり。

郷土の画家展-つながる師弟

郡内地方における郷土の画家の系譜をたどると、狩野探幽、円山応挙とともに江戸時代の三大家と謳われた南画の巨匠谷文晁に行きつく。そして、文晁に画法を学んだ弟子たちによって後世へと伝えられ、郡内を拠点として活躍した画家たちへと伝えられた。今企画展では都留市を拠点として活躍した郷土の画家の作品に加え、中央画壇の巨匠であった文晁や玉堂の作品を展示する。

全国絵手紙公募展「世代をつなぐ絵手紙」

毎年秋に開催している全国絵手紙公募展。時代が平成から令和へと変わり、また小池邦夫絵手紙美術館、開館15周年を迎えた節目の年となる今年は、「世代をつなぐ絵手紙~昭和・平成・令和へのメッセージ~」をテーマに絵手紙を募集した。日本全国から集まった約2000点の絵手紙を展示。また、開館15周年記念企画「小池邦夫の絵手紙誕生展」(常設展入館料、別途)も同時に開催される。