メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「展覧会 石川県」のイベント一覧

金沢の下町と風景写真展

金沢を中心に撮影を続ける3人のカメラマンが金沢の下町の素朴な雰囲気や素敵な風景を写真で表現。風景・夜景・スナップ・人物写真など様々な表現で金沢の下町の魅力を発信する。

特別展 翁 -大名細川家の能の世界-

日本の代表的な古典芸能として海外でも高い評価をうけている能。その原点ともいわれる演目「翁」は、翁面をかけることで演者は神になり、その舞によって世の安泰を祈願する特別な演目。今展では江戸時代の正式な上演スタイルである「翁付五番立」に基づき、「翁」を中心に神・男・女・狂・鬼の5つのジャンルを細川家伝来の名品を紹介する。今展が祈りの芸能である能楽の魅力を、いま改めて感じる機会となるだろう。

C/STORE「ZEROGRAM 地球に優しいバッグ」

台湾のブランド「ZEROGRAM」の地球に優しいバッグを展示・販売する。紙繊維キャンバスは、61%FSCパルプ、39%コットンで、大量の工業オイルを使用されてできた布と違い環境に良い商品。外観はキャンバスと同様で重さにも強く、さらに優れた軽い性質を持ち、PETも一切含まれていないため土に自然分解ができる。「ゼロからゼロまで、商品は大地に回帰すべき」、そのブランド理念を実行していく。

所蔵品展「花咲く美術」「お茶のお道具」

1つ目は「お茶のお道具」。鎌倉時代以来、実に800年以上もの歴史を有する日本の「お茶」。その伝統のもと、これまで幾多もの茶道具が生まれ使用されてきた。「池田コレクション」を中心に、様々な茶道美術品43点を展示。2つ目は「花咲く美術」。私たちの日常生活に「華」を添え、季節のうつろいや美しさなどの象徴的存在として、美術工芸品の格好のモチーフとなってきた。花にちなんだ絵画や工芸など、計30点を紹介する。

こんなオマケ! 楽しいな展 ―北陸製菓へ猫ちゃんカードの提案―

画房ルルは、前田義昭と前田マリが立ち上げた写真家と画家の工房。今回の展示は、昔からある日本のオマケ文化を復活させて北陸製菓に提案するもの。同社のビスケットなどのお菓子を買うと前田マリの猫の絵やキャラクター猫のカードがオマケで付いてくるというプレゼン企画。もちろん画房ルルのオリジナルグッズ(画文集・写真集・文庫本・アートプリント・ポスター・原画・複製画・ポストカードなど)も展示・販売する。

Re+Belt/デザイン性で選ぶリサイクルバッグ

Re+Belt/リベルトは、シートベルトの廃材を利用した環境に優しいリサイクルバッグ。シュレッダーダストとされる廃車から取り出したシートベルトを厳選・洗浄し、バッグの素材としてもう一度再利用する。縫製は熟練した職人が一つ一つ丁寧に仕上げた。今回は、新商品のリュックやメッセンジャーバッグ・ミズトートバッグをはじめ、ビジネストートバッグ・ショルダーバッグ・トートバッグなど展示・販売する。

所蔵全作品公開展4 「正念場-書を中心に-」

松任中川一政記念美術館では、2020年特別企画として、館所蔵の全ての中川一政作品を4期に分けて順次公開する「所蔵全作品公開展」を開催。第4期の今展では、中川一政が70代から最晩年の97歳まで精力的に取り組んだ書の作品を中心に紹介する。「書もまた写生である」といい、万葉集や漢詩など詩歌の世界を書で表現した中川一政。ダイナミックで躍動感豊かな筆づかいも見どころの一つである。