メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「展覧会 石川県」のイベント一覧

第77回 現代美術展 加賀展

今年で第77回目を迎える石川県内最大規模を誇る公募展「現代美術展」。県内在住の文化功労者、日本芸術院会員、重要無形文化財保持者(人間国宝)を筆頭とした現代美術界を牽引する作家作品から、これから制作活動をしていこうという新進気鋭の作家まで、所属会派を超えて幅広く作品が出品され、一堂に紹介されるのが特徴。加賀展では加賀市在住・出身者の作品を中心に計132点の作品が紹介される。

C/STORE「台湾ブランド Little Yellow Studio」

「アートをもっと身近に、もっと楽しく」 をコンセプトにアーティストが手掛ける作品・オリジナルグッズを販売するポップアップショップ「C/STORE」が期間限定で開催する展示会。今回は、様々なイベントで好評を得ている台湾ブランド「Little Yellow Studio」のオリジナル商品(トートバッグ・ポーチ・キーホルダー・Tシャツほか)をセレクトして展示販売。

中村佑介展 金沢21世紀美術館

「ASIAN KUNG-FU GENERATION」のジャケットや、小説『謎解きはディナーのあとで』などの書籍カバーを手がけるほか、アニメのキャラクターデザインやテレビ・ラジオ出演、エッセイ執筆など、中村佑介の活動は多岐に渡る。今展は、そんな彼がこれまでに携わってきた仕事のほぼすべてが一堂に会する過去最大級の展覧会。中村佑介というイラストレーターの軌跡を、目撃しよう。

久保田毅楽 ~土からのメッセージ 2~

生きている土が語りかけるリサイクルアート。環境問題への関心から、ゴミや不要物をアート作品として再生する「リサイクラート」のコンセプトに賛同し、RECYCL'artist としても活動する久保田毅楽。近年手がけている九谷焼や三州瓦など、様々な産地の土をキャンバスにはりつけて自然乾燥させた作品15点あまりを展示・販売する。作品と空間が一体となった会場で、アートへの新鮮な視点を、ぜひ発見しよう。

dimanche/小さなアート展_3

心に贈るギフトのようなアート、そんな心の癒しになれるようなアートを目指して、1992年に花なが「ディマンシュ」として創作活動を始めた作家。シルクスクリーンを軸に布コラージュやアクリル画の作品も定期的に発表。今回もいろんな種類のカードを展示・販売する。小さなアートが目に見えない大切なものを伝えることができること、ひとときの癒しになることを願って開催される。

オールプラスチックの傘/すてるをなくす_2

日本特有のビニール傘。別名、使い捨て傘。安価だが壊れやすい。日本では現在、年間約8,000万本が消費され、壊れたらゴミへ。そこで今回は、「+TIC」という新しい傘を展示・販売する。オールプラスチックだから錆びもしない。さらに強風にも耐えれる丈夫さ。万が一壊れても、生地や部材を取り替えることができる。持続可能な社会と地球環境の実現に向け、みんなが「すてるをなくす」を進める。

METAPHYS/長く愛用できる革製品

METAPHYSとは、株式会社ハーズ実験デザイン研究所がデザイン開発、ブランディングを行っているデザインブランドで、ブランドコンセプトに共感を抱く多くのパートナー企業(松下ラゲッジ/姫路・西はりま地場産業センター/田中製作所ほか)により構築されている。今回は、長財布・折り財布・カードケース・ペンケース・コインケース・トートバッグ・ショルダーバッグ・ブックカバー・靴べらなどを展示・販売。

本郷仁 風景装置

「みること」をテーマに鏡を用いたインタラクティブな作品を発表している本郷仁の個展。鏡の反射によって外界の風景を取り込んだ作品は内側と外側の境界を曖昧にし、普段何気なく行っている「みる」という行為を意識させる装置となる。日常的な行為や風景と、鏡がもたらす非日常的な視覚体験との間を行き来しながら、世界との関わり方を探る。

生誕150年記念「秋聲の家-徳田家所蔵品展」

明治4(1871)年生まれの秋聲は、今年、生誕150年を迎える。これを記念して、関東大震災、そして東京大空襲をも奇跡的に免れ、東京都文京区に現存する徳田家(都史跡、通常非公開)において家族により大切に保管され続けてきた貴重な秋聲遺愛品の数々を公開。

もっと見る