メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「展覧会 富山県」のイベント一覧

富山大学芸術文化学部 大学院芸術文化学研究科 卒業・修了研究制作展 GEIBUN12

美術、工芸、デザイン、建築、キュレーションなど、多様な研究・制作に取り組む富山大学芸術文化学部卒業生および研究科修了生による作品・論文約120点を高岡市美術館、富山大学高岡キャンパスとの二会場にて展示。

第67回 ニッコールフォトコンテスト写真展

ニコンイメージングジャパンが主催する「ニッコールフォトコンテスト」はプロ・アマを問わず応募できる国内有数の規模と歴史をもつフォトコンテストで、毎年全国からレベルの高い作品が集結する。また第67回を迎えた今回は41,249点にのぼる応募の中からモノクローム・カラー・ネイチャー・TopEye&Kidsの各部門において見事入賞に輝いた作品を一堂に展示。

常設展 お宝コーナー展「堀川敬周筆、二つの《漁樵図屏風》」

「漁樵図」とは、漁夫と樵(木こり)を描いたもので、大自然を友に悠々と生きる両者が互いの天分について語り合う中国の詩「漁樵問答」に基づいた人気の画題である。高岡初の町絵師であった堀川敬周は山水花鳥や人物、風物などあらゆる画題を求めに応じて描いた。そのため天神図や恵比寿図など人気の画題は複数点ある。展示コーナーでは、屏風型式になっている人気画題の一つ「漁樵図」を二点展示・紹介する。

企画展「市河寛斎と富山藩校広徳館-儒学者の日常を探る」

江戸時代後期の儒学者であり漢詩人であった市河寛斎。寛政3年(1791)、富山藩に招かれて藩校広徳館の学長に就任した。以後、20年余りの在職中、広徳館の学風を改めたほか、学制の整備、教科書の出版など大きな足跡を残している。今展では広徳館でなした業績を中心に、寛斎の富山における日常を紹介する。

栗林隆展

日本国内のみならずインドネシアを拠点に海外でも、大型の体験型、鑑賞型の作品を発表してきた栗林隆。東日本大震災から間もなく10年目の節目を迎えるこの冬、長年リサーチを重ね温めてきたプロジェクトが元発電所の空間で実現する。

館蔵品展「昔の道具とくらし」

今展では、高岡市立博物館の収蔵資料の中から、「衣」・「食」・「住」等にかかわる、古い生活道具類「民具」を展示・紹介する。