メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「展覧会 富山県」のイベント一覧

富山大学芸術文化学部 大学院芸術文化学研究科 卒業・修了研究制作展 GEIBUN11

富山大学芸術文化学部の卒業生と大学院研究科修了生による卒業・修了制作作品と論文の展示が行われる。

常設展 お宝コーナー「勤王の志士・頼 三樹三郎と高岡」

嘉永元年(1848)、儒学者・頼 山陽の三男で勤王の志士・三樹三郎(1825~59/号は鴨崖)が高岡の医者で同志の山本道斎の家に約半年間滞在し、仲間と時局を論じ、漢詩などを詠んだといわれている。この展示会では、三樹三郎が高岡城跡について詠んだ漢詩書を中心にその足跡を紹介する。

館蔵武具展 富山ゆかりの武具にみる意匠

館蔵の武具にあしらわれた様々な「意匠」にスポットを当てた。意匠とは、器物の見た目を際立たせるために凝らされた工夫を意味する言葉。富山市郷土博物館が所蔵する富山ゆかりの武具にも、随所に巧みな意匠が散りばめられている。色や形、紋様や図柄、螺鈿や漆工の技など、武具にあしらわれた意匠を観覧しよう。

館蔵品展「昔の道具とくらし」

今展では、高岡市立博物館の収蔵資料の中から、「衣」・「食」・「住」等にかかわる、古い生活道具類「民具」を展示・紹介する。会期中は2月1日(土)、3月21日(土)、4月25日(土)の各日14時から学芸員による展示説明会を開催する。