メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「展覧会 神奈川県」のイベント一覧

杉劇ニコニコ見本市

「ニコニコ見本市」とは…杉田劇場であらゆる人がつながる新しい作品展。障がいの有無にかかわらず、あらゆる人たちが参加し、何ができていくのか。その過程を一緒に見つめ、分かちあい、作品展を通して、新たなつながり、新たな仲間が生まれること、新たな道が広がることを願う(杉田劇場館長・中村牧)。今年度はふたりの女性アーティストによる「出会いと実り」をテーマにした二人展を開催。

玉川大学インターンシップ成果展「21の主張」

画廊で毎夏受け入れている玉川大学のインターンシップ。彼らがその課題の中で企画した展覧会のうち4つを実際に立ち上げた。実現できなかったものはパネル展示を行う。学生から社会人へと次のステップへ羽ばたく、才能溢れる若者たちのアイディアをお楽しみに。

1.28 ART SHODO FUTURE

現代アートとしての書道作品を一堂に展観、次世代現代アート作家の可能性を書道という角度から見出す展覧会「ART SHODO FUTURE」を開催。書道専門のアートイベントを行うART SHODO FESTAの呼びかけにより、従来の書表現にとらわれない、斬新な切り口で書に向き合う作家が横浜に集結する。今展キュレーターは、ユミコチバアソシエイツ所属作家である山本尚志氏。

新春まんぷく!お年賀展2021

新年を彩る「年賀状」をテーマにした今展も今回で8回目を迎える。平面・立体・工芸など、様々な表現ジャンルの作家27名による年賀状をイメージした作品とあわせて、各作家の個性溢れる作品を紹介。年賀状離れが進む近年だが、誰かに伝えたい、贈りたい作品に出会えるはず。新しい年を素敵なアートと一緒に過ごしてみてはいかが?

新春アートメッセージ展2021

日本画、洋画、彫刻、金属工芸、陶芸、華、多様性のあるジャンルにより構成される小田原文化芸術協会の新春展が開催される。

令和2年度 かながわの遺跡展「相模川 遺跡紀行~3万年のものがたり~」

今展示では、はるか旧石器時代から始まり、3万年以上にわたり相模川のほとりで生きてきた人の歩みを見ていく。この展示が、はるか昔から私たちの暮らしに寄り添ってきた「川」に思いを巡らせるきっかけになればとの願いを込めて開催される。

あざみ野フォト・アニュアル 横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展 「写真とプリント」

横浜市民ギャラリーあざみ野では「あざみ野フォト・アニュアル」と題し、毎年、写真表現の現在を切りとる企画展と横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展を同時開催している。2020年度のコレクション展では、写真とプリントをテーマに、コレクション約150点を紹介。今展では、19〜20世紀の様々な技法で制作された写真、関連の深いカメラや資料を通して、プリントと写真表現の関係性を探る。

あざみ野フォト・アニュアル 「とどまってみえるもの」

現代の写真表現を紹介するシリーズ「あざみ野フォト・アニュアル」2020年度の企画展では、写真の在り様を拡張し続けている宇田川直寛、川島崇志、木原結花、チバガク、新居上実、平本成海、吉田志穂の7人の若手作家を紹介し、写真表現の可能性について探る。今展を通じて、常態ではない事態における表現の在り様を観覧しよう。

こどもギャラリー

湯河原町の小学校、中学校に通う児童・生徒のみなさんが、図工や美術の時間に描いた作品の中から、学校ごとに毎週12~32点、合計約100点を紹介する。びっくりするような発想、感心するような独創性、純粋な気持ち、それらが溢れるばかりに表現され、観る人を楽しませてくれる。展示作品は、湯河原町教育研究会主催の児童生徒作品展の中から、美術館独自の基準で選出。

もっと見る