メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「展覧会 埼玉県」のイベント一覧

企画展「戦国の比企 境目の城」

戦国時代の比企地域は、相対する諸勢力の「境目」に位置することが多く、多数の城郭が築かれた。今回の企画展では「国指定史跡比企城館跡群」の菅谷館跡・杉山城跡・小倉城跡・松山城跡の4城跡を中心に、戦国時代の城の役割や構造、比企地域の城跡見学の参考となる情報などを紹介。

収蔵品展 入間川商店街-繋がるモノ・人・街-

狭山市立博物館の収蔵品より、入間川商店街で実際に使用されていた道具や看板、商品などの品々を展示・解説する。明治・大正、昭和、平成以降と時代ごとに焦点を当て、展示するモノ・人々の記憶・街の歴史の繋がりから、時代とともに移り変わる入間川商店街の生活と文化の足跡を辿る。

コレクション大公開 相原求一朗展アンコール

川越に拠点を置きながら北海道をテーマに抒情的な風景画を描き続けた相原求一朗(1918-99)。2018~19年に巡回した回顧展のアンコールの声に応え川越市立美術館所蔵作品から昨年コレクションに加わったスケッチやデッサンを含めた約50点を展観。相原の創作意欲をかき立てた原風景のエッセンスを探る試み。館蔵の相原作品を一挙に公開するのは開館以来初めて。展示作品は全て撮影可能(非営利かつ私的利用に限る)。

企画展「コレクション 4つの水紋」

今展では、新印象派の画家ポール・シニャック、埼玉ゆかりの画家である奥原晴湖、椅子のモダンデザインに携わったシャルロット・ぺリアン、屋外彫刻を手がけた重村三雄の4作家を起点として、埼玉県立近代美術館のコレクションを幅広く紹介する。人気の高いクロード・モネやカミーユ・ピサロら西洋画家、小村雪岱などの日本画家、さらに現代作家まで、さまざまな作品を一堂に紹介。

特別展「埼玉記念物100年-埼玉の天然記念物ってどう思いますか?-」

大正時代に天然記念物の保護制度ができてから、100年の節目を迎えた。都市化の進む埼玉にも、たくさんの天然記念物があり、素晴らしい自然が残されている。天然記念物は、単に観光名所であるばかりでなく、地域の自然の成り立ちや仕組みを理解する上で、カギとなる存在でもある。現地の写真と自然の博物館ならではの豊富な標本により、埼玉の天然記念物の全体像を紹介。