メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「展覧会 埼玉県」のイベント一覧

第12回サロンラクーガ&第3回三熊会合同展

彩の国いきがい大学(現大学名は埼玉未来大学)熊谷学園卒業生による、絵画、書、切り、写真、工芸作品などを集めた「第12回サロンラクーガ&第3回三熊会合同展」が10月1日から4日まで、熊谷市立文化センターにおいて開催され、熱い創作意欲が伝わる約70点の作品が展示される。希望者には絵画作品の無料レンタルも行っている(半年間・希望者多数の場合は抽選)。 展示作品:絵画、版画、切り絵、書、陶芸等

MEDE SUWARU -今日みられる椅子

「椅子の美術館」としても知られる埼玉県立近代美術館では、館内各所でグッドデザインの椅子を展示してきたが、新型コロナウイルス感染防止のため、当面の間、座れる椅子の展示を制限している。そこで、実際に座るかわりに椅子をじっくり見る、つまり、「目で座る」展覧会を開催する。どこに置きたい? どんな座り心地? など、椅子のかたちや色、素材を見ながら自由に想像して、「愛でる」楽しみを見つけてみてはいかが。

こどものかたち―創作人形の力展

今展では、昭和初期に人形芸術運動で人形の芸術的価値を高めることに尽力した、平田郷陽(1903–1981:人間国宝)、と野口光彦(1896–1977)の二人の人形作家を中心に、作家の手による子どもや親子のかたちを表した作品を紹介。彼らの伝統的な技術を受け継ぎながらも、その型から抜け出し、オリジナリティあふれる人形を見ることができる。

映像ミュージアム企画展「かいけつゾロリ大冒険展」

30年以上続くロングセラー作品「かいけつゾロリ」シリーズの歴史を振り返りながら、貴重な原画約150点や作品に登場する“お宝”を再現した立体オブジェを展示。原作者・原ゆたか先生のアトリエを再現し、ゾロリの冒険やいたずらのアイデアが詰まった直筆スケッチブック、ネーム集も展示。期間中には関連イベントも予定。新型コロナウイルス感染症予防対策実施。詳細は「埼玉県彩の国ビジュアルプラザWEBサイト」を参照。

特別展「埼玉記念物100年-埼玉の天然記念物ってどう思いますか?-」

大正時代に天然記念物の保護制度ができてから、100年の節目を迎えた。都市化の進む埼玉にも、たくさんの天然記念物があり、素晴らしい自然が残されている。天然記念物は、単に観光名所であるばかりでなく、地域の自然の成り立ちや仕組みを理解する上で、カギとなる存在でもある。現地の写真と自然の博物館ならではの豊富な標本により、埼玉の天然記念物の全体像を紹介。