メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「展覧会 埼玉県」のイベント一覧

松本正絵画展

松本正の展覧会はいつも美しい風景で私たちの目を楽しませてくれる。ちょっと幻想的で、かつ透明感のある作品には引き込まれるようだ。今展では四季を通じ描き続けた作品20~25点が展示される。蔵造りの観光の町川越を楽しめるロケーションも魅力の1つ。心なごむひとときを味わってみては如何? ギャラリーRプラスは、入り口が通りから少し奥まったところにあり、隠れ家的風情もあるちょっと面白いギャラリー。

開館10周年記念春季特別展 シリーズ・現代の盆栽家3「山田登美男-盆栽、美の探求」

現代の著名な盆栽家をシリーズで紹介する特別展。「彩花盆栽」提唱者としても知られる、清香園四代目園主・山田登美男を取り上げ、開館10周年記念春季特別展として開催する。梅や桜、松や創作盆栽など多彩な盆栽45点(毎週9点ずつ)が5週にわたり展示される。盆栽作家としての制作意図、盆栽作りの信念なども資料と共に紹介する。イベントも多数実施。盆栽作家の魅力あふれる盆栽の数々を堪能しよう。

企画展「えとの始めは子年から おめでたい神仏画」展

幕末から明治前半に活躍した絵師・河鍋暁斎(かわなべ きょうさい)。2020年最初の展覧会では、暁斎が今年の干支・子(ねずみ)を描いた色鮮やかな錦絵や、七福神などおめでたい神仏を描いた作品約40点を展示。 ※団体(20名以上)要予約

平山郁夫展 シルクロードとガンダーラ美術

平山郁夫シルクロード美術館が所蔵する作品群の中から、ユーラシア各地や日本の美しい風景を描いた日本画と素描作品の数々を紹介する。あわせて、彼の文化遺産保護活動の所産である貴重なコレクションから「釈尊伝」を中心とするガンダーラ美術を一堂に展示する。

森田恒友展 自然と共に生きて行かう

生涯を通じて洋画と日本画の両方を手がけ、さまざまな作風を試みた恒友だが、自然やその地に暮らす人々を静かに見つめ、共感を込めて描く制作態度は一貫していたといえるだろう。最晩年には、自然に向き合ったときに感じる喜びや寂しさをすべて包み込むような、おおらかで澄み切った画境に達した。

企画展「地図と模型で見る埼玉の大地」

大地の成り立ちは、私たちの生活や自然災害と深く関わっている。しかしながら、そのことをほとんど意識せずに暮らしているのではないだろうか。この企画展では、模型と地図によって埼玉県の地形や地質をわかりやすく紹介する。私たちが、どのような土地の上で生活しているのか、どのような災害リスクがあるのか、理解を深められる展示となっている。

映像ミュージアム企画展「よーい!スタート!!映画のはじまりワンダーランド」

リュミエール兄弟が映画を発明してから125年の節目にあたる2020年に向けて、映画・動画の原点を探る企画展を開催。各展示コーナーでは、映画誕生にまつわる重要なシーンを空間全体で表現し、キネトスコープなどの上映装置を複製やパネルで紹介。この他、世界初のSF映画と言われる「月世界旅行」(1902)やチャップリンが監督・脚本・主演を務めた「黄金狂時代」(1925)など様々なジャンルの作品の名場面も上映。