メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「展覧会 群馬県」のイベント一覧

「HIKARI」展

中之沢美術館は、自然光のめぐみで作品が照らされ、刻々と変化する光は、一瞬、一瞬、作品の姿を変える。落ち込みがちな気持ちを少しでも明るく照らせたらという願いから「HIKARI」というテーマの企画展を開催。21名の作家がそれぞれの表現方法で「HIKARI」展に作品を展示する。“闇夜を照らす一筋のヒカリ”を感じてみよう。

第17回テーマ展示「縄文の技 ~千網谷戸遺跡・耳飾の世界~」

国重要文化財の桐生市千網谷戸(ちあみがいと)遺跡の出土品から、耳飾と首飾などの垂飾品に焦点を当てて紹介する。息をのむほどに美しい、大型の耳飾を堪能しよう。

第111回企画展「怪談-こわい話に花が咲く-」

小泉八雲、夏目漱石、森鴎外、泉鏡花、芥川龍之介らが手がけた怪談・奇談を中心に、群馬を舞台とした怪談や群馬ゆかりの作家による怪談作品を取り上げる。また、現代に怪談ブームを巻き起こした『学校の怪談』シリーズをはじめ、子どもたちに向けた、ちょっとこわい本を紹介する。マスク着用。

富岡市・横須賀市友好都市提携5周年記念「谷内六郎~絵遊び・言葉遊び~」

2020年11月に富岡市と横須賀市は友好都市提携5周年を迎えた。これを記念し、横須賀美術館の協力のもと横須賀美術館の所蔵する谷内六郎が描いた週刊新潮の表紙絵を、谷内六郎の「6」にちなみ、6章立てとして、谷内が表紙絵にまつわる思いや社会に向けた言葉を綴った「表紙の言葉」とその自筆原稿とともに表紙絵原画60点を紹介する。

春の特別展示「新・すばらしき群馬のはにわ」

「日本一の埴輪県」といわれる群馬県。同館は、この名に相応しい多彩な埴輪を収蔵・保管している。今回の展示では、国重要文化財「上野塚廻り古墳群出土埴輪」をはじめとする、本県出土の埴輪を一堂に展覧。東京国立博物館所蔵の群馬の埴輪8点も里帰りし、一挙公開! 1450年以上も昔の古墳人たちによって創り出された「すばらしき」埴輪の躍動感を、この機会に堪能しよう。

収蔵品展 記憶の引きだし-あの頃のわたしたち-

3/20(土・祝)から開催する企画展「谷内六郎~絵遊び・言葉遊び~」にちなみ、同館の収蔵品から谷内六郎が生きていた頃の子どもたちの日常の様子がわかる文具やおもちゃなどを当時の富岡市報とあわせて紹介する展覧会。

虹をかける:原美術館/原六郎コレクション 第一期(春夏季)

2021年1月11日、惜しまれつつも東京での活動を終えた原美術館。今春より、群馬県の別館「ハラ ミュージアム アーク」を「原美術館ARC」と改称し活動を集約する。初の展覧会となる今展では、人と人が美術を通じて対等に交流するための架け橋でありたいという同館運営財団の理念である「虹」をテーマに、コレクション作品の中から性別も国籍も文化も異なるアーティストたちの多様な表現を展観。