メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「展覧会 岩手県」のイベント一覧

特別展「新作南部鉄器展 ~鉄をつむぐ~」

ここ盛岡が、盛岡藩の城下町として栄えた江戸時代に多くの工芸品が生まれ、そのひとつである南部鉄器も藩内で鉄器づくりに必要な鉄や砂、木炭などを得られる好環境と、藩主の奨励のもと発展を遂げてきた。そして幾多の盛衰を繰り返しながら、現在も伝統の技術を守る職人たちが、その時代・暮らしにあった姿形を模索し現在まで受け継がれている。今展で2020年度の新作を中心に職人たちが南部鉄器に込めた思いの一端を感じよう。

企画展 世界の牛切手

切手という小さな画面の中に描かれたウシの姿には、牛と人との関わりのお国柄や時代を反映した豊富な情報が含まれている。世界の切手と牛切手を、牛の博物館(オフライン会場)で展示するほか、コロナ禍の中、家に居ながら世界中を旅することができる展示会として、Web上でもコレクションを紹介する。1000点を超える牛切手がどこからでも楽しめる。

もりおか歴史文化館テーマ展「新収蔵資料展」

寄贈などにより、もりおか歴史文化館に新たに収蔵された資料を展示。今回は、このたび貴重な資料群を盛岡市に寄贈(もりおか歴史文化館に収蔵)されることになった「七戸南部家資料」のうちから、選りすぐりの資料を中心に紹介する。

企画展「不来方之城新築之有可候 南部氏の盛岡築城」

2020年は、盛岡藩祖の南部信直(なんぶのぶなお)が豊臣秀吉の小田原攻めに参陣して大名の地位を確立した天正18年(1590)から430年目、明治維新で最後の藩主の南部利恭(なんぶとしゆき)が藩政を終えた明治3年(1870)から150年目となる。この企画展では、盛岡城とはどのような城であったのか、これまでの発掘調査成果と県内の関連資料を一堂に集め、読みとく。