メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「展覧会 青森県」のイベント一覧

光と彩と~津軽を描いた巨匠 伊藤正規没後10年大回顧展

青森県五所川原市出身の洋画家・伊藤正規(1912~2011)は、国内最大の総合美術展「日展」で特選を2回受賞し、のちに日展の会員・審査委員となり、歴史ある美術団体「光風会」では名誉会員に推挙されるなど、中央画壇ではその実力を高く評価されていた。しかし県内では不思議なことに、ほとんど脚光を浴びることはなかった。没後10年にあたり、五所川原市が所蔵する作品を中心とした初の大規模回顧展。

今晃と石川美祈子の2015ー2020作品展示会「なるかならぬか」

津軽系こけし工人今晃とその弟子石川美祈子。石川工人が修行通いを始めた2015年から2020年までに作られた2人のこけしの展示。修業時代の二人挽きで製作した両工人の作品や2018年以降、各々が製作した作品など約300点ほど展示。

小沢剛展 オールリターン ―百年たったら帰っておいで 百年たてばその意味わかる

風景の中に自作の地蔵を建立し写真に収める「地蔵建立」や、日本美術史上の名作を醤油で描いてリメイクした「醤油画資料館」など数々のシリーズ作品を発表し、世界的に活躍する現代アーティストの小沢剛。今展では、弘前ゆかりの近現代の人物「S.T.」を題材とした新作とともに、2013年から2020年にかけて制作された「帰って来た 」シリーズ全5作品を新たに構成し直し一挙に公開する。