メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「展覧会 青森県」のイベント一覧

あかりのありか 16th「akari」

16回目を迎えた師走恒例の展覧会「あかりのありか」が開催される。青森県在住の画家、彫刻家、デザイナー、イラストレーター、建築家、写真家、クラフトマン、ねぶた師をはじめとする様々なクリエーターが集まり、「あかり」をモチーフとした作品を展示する。普段の表現手法での作品や、この展覧会のためだけの実験的作品など、その制作の輝きが、年末の雪の街に「あかり」を灯す。

メリーこけしマス! 津軽こけし館 クリスマスフェア2019

冬仕様のこけしやこけし雑貨が盛りだくさん! 子どもや孫へのプレゼント、そして自分へのプレゼントにピッタリのクリスマス特別展示販売フェア開催する。クリスマスをテーマにしたラブリーなこけしを楽しんでみてはいかが?

企画展「縄文遺跡群と県立郷土館-発掘調査の軌跡-」

青森県立郷土館では、青森県の先史文化解明のため開館時(1973年)から青森県内21か所で発掘調査を行ってきた。その中には世界文化遺産への推薦候補である「北海道・北東北の縄文遺跡群」を構成する4遺跡の調査も含まれている。 今企画展では、今までの青森県立郷土館発掘調査の成果を一堂に展示・公開する初の展示会。今展を通して、青森県の遺跡と縄文遺跡群への理解を深めよう。

今日出海展-直木賞受賞から70年-

今日出海は明治36年に函館で生まれた。父母は弘前出身。長兄の東光も後に直木賞作家となる。日出海は旧制浦和高校から東京帝国大学に進み、演劇や文筆活動を開始。戦中は陸軍報道班員としてフィリピン従軍を経験。昭和25年に「天皇の帽子」を発表し、第23回直木賞を受賞した。昭和43年から初代文化庁長官を務め、昭和59年に世を去った。直筆原稿や著書、作品掲載誌を多数展示し、作家・今日出海の生涯と足跡を紹介する。

AKI INOMATA:Significant Otherness 生きものと私が出会うとき

生物の観察と調査を通して独創的な作品を作り出すAKI INOMATAの、日本の美術館では初となる個展が開催。やどかりに3Dプリンターで制作した各国の都市を模した殻を提供して住み替えてもらう作品 「やどかりに『やど』をわたしてみる」など、他の生きものとの協業を通して人間や社会の本質をユーモアのある表現で問いかける。かつて十和田を含む青森県南部地方で飼育されていた南部馬を題材にした新作も展示。

殿さまのくらしー五感で味わう大名文化ー

弘前藩9代藩主の津軽寧親は、菓子に関心が高かったことが記録に残っている。今回は、殿さまが食した菓子資料を中心に、茶道具・屏風など華やかな大名文化を紹介する。