メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「健康・福祉・教育」のイベント一覧

~お母さんと赤ちゃんのための~ゆるやか☆エクササイズin天竜Vol.6

子育て中でなかなかコンサートに行けない保護者向けに開催している「ゆるやかコンサート」の番外編。親子での簡単なリズム体操や、お母さんのエクササイズを行う。先輩先生から家でも赤ちゃんと楽しく過ごす方法を一緒に教わろう! またお母さん同士の交流の場としても活用を。

青森中央学院大学まちなかキャンパスミニ公開講座 第3回「日産問題にみる企業統治と会社法」

青森中央学院大学では、地域の人たちの「知」の拠点として、青森商工会議所と共催し青森市中心市街地の新町のサテライトキャンパスで全3回の連続公開講座を開催する。全体テーマを「ニュースがもっとよくわかる法律講座」として、経営法学部の教員がオムニバスで講師を務める。第3回は、「日産問題にみる企業統治と会社法」をテーマに経営法学部 柚原愛子講師が解説する。

阿波野青畝の俳句を読み解く夕べ(11月)

2019年は、俳人・阿波野青畝生誕120周年。俳句を学んでいる人はもちろん、青畝に興味のある人、俳句の創作、鑑賞に関心のある初心者の人も気軽に参加できる。この機会に青畝の句に親しんでみては。 ※インターネットから事前申込が必要

県民の日「水循環センター探検ツアー」(元荒川水循環センター見学会)

11月14日は「県民の日」。その関連行事として、11月16日(土)に、埼玉県下水道公社では水循環センター探検ツアー(下水処理場見学会)を開催する。下水道は生活環境を改善し、街を浸水から守る大切な役割を果たしている。普段はなかなか見られない施設をこの機会に見学してみよう。実際に施設を運転している公社職員が、子どもにもわかりやすく案内してくれる。大規模施設が好きという人にもおすすめ。

匂い袋と和紙文香づくり 漢方茶屋ランチつき(11月)

白檀、丁字、龍脳、甘松、大茴香など9種類の天然のお香材料を混ぜ合わせて「匂い香」をブレンドし、自分だけのオリジナル「匂い袋」と「和紙文香」(手紙のなかに忍ばせたり栞にしたりするもの)づくりを楽しむ。ワークショップ後は、縁側のある森の漢方茶屋で、オリジナル漢方スパイスでつくったタンドリーチキンや漢方ダシ茶漬けなどカラダによい漢方ごはんをゆったり味わえる。 ※定員7名(要ネット予約・先着順)

県民の日「水循環センター探検ツアー」(中川水循環センター見学会)

11月14日は「県民の日」。その関連行事として、11月16日(土)に、埼玉県下水道公社では水循環センター探検ツアー(下水処理場見学会)を開催する。下水道は生活環境を改善し、街を浸水から守る大切な役割を果たしている。普段はなかなか見られない施設をこの機会に見学してみよう。実際に施設を運転している公社職員が、子どもにもわかりやすく案内してくれる。大規模施設が好きという人にもおすすめ。

県民の日「水循環センター探検ツアー」(新河岸川水循環センター見学会)

11月14日は「県民の日」。その関連行事として、11月16日(土)に、埼玉県下水道公社では水循環センター探検ツアー(下水処理場見学会)を開催する。下水道は生活環境を改善し、街を浸水から守る大切な役割を果たしている。普段はなかなか見られない施設をこの機会に見学してみよう。実際に施設を運転している公社職員が、子どもにもわかりやすく案内してくれる。大規模施設が好きという人にもおすすめ。

県民の日「水循環センター探検ツアー」(古利根川水循環センター見学会)

11月14日は「県民の日」。その関連行事として、11月16日(土)に、埼玉県下水道公社では水循環センター探検ツアー(下水処理場見学会)を開催する。下水道は生活環境を改善し、街を浸水から守る大切な役割を果たしている。普段はなかなか見られない施設をこの機会に見学してみよう。実際に施設を運転している公社職員が、子どもにもわかりやすく案内してくれる。大規模施設が好きという人にもおすすめ。

県民の日「水循環センター探検ツアー」(荒川水循環センター見学会)

11月14日は「県民の日」。その関連行事として、11月16日(土)に、埼玉県下水道公社では水循環センター探検ツアー(下水処理場見学会)を開催する。下水道は生活環境を改善し、街を浸水から守る大切な役割を果たしている。普段はなかなか見られない施設をこの機会に見学してみよう。実際に施設を運転している公社職員が、子どもにもわかりやすく案内してくれる。大規模施設が好きという人にもおすすめ。

もっと見る