メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「体験・遊覧 東京都荒川区」のイベント一覧

ボッチャ教室(7月)

赤と青の2チームに分かれて手の平サイズのボールを白い目標球に向かって投げ、どちらのチームがよりボールを近づけられるかを競う競技「ボッチャ」。東京2020パラリンピックの正式種目にも採用されている。昨年度から東京都の事業の一環で、パラスポーツの理解促進と裾野の拡大を目指しておこなっている体験教室。ボッチャのクラブチームによるルールの説明や競技指導も受けられ、楽しみながらゲームに挑戦できる。※事前申込

パラスポーツ体験教室(7月)~バドミントン~

毎月1回、だれでも参加可能な「パラスポーツ体験教室」を開催。毎回異なる種目の体験教室を開催し、初心者にはルールを学んでもらいながら練習や実践を通じた競技を指導し、経験者にはより深い競技の戦術を身に付けてもらいレベルアップを図る。今回は2020年パラリンピック東京大会から正式種目になった「バドミントン」に挑戦してみよう! ※事前申込

パラスポーツ体験会 in オープンキャンパス

オープンキャンパス時に、パラスポーツの体験会を開催。当日は、「車いすスラローム」、「車いすバスケットボール(シュート体験)」、「STT(サウンドテーブルテニス)」の3つの種目の体験を予定している。また当日は、普段なかなか見ることのできない大学の施設等も見学することができるので、この機会に、荒川キャンパスへ足を運んでみよう。室内履きを持参のこと。

ユニバーサルスポーツ体験教室(8月) ~お楽しみ健康体操~

毎月1回、だれでも参加可能な「ユニバーサルスポーツ体験教室」を開催。毎月異なる種目を行い、身体を動かす楽しみを通して、パラスポーツを理解してはいかが? このイベントは、東京都の事業の一環として実施しており、パラスポーツの理解促進と裾野拡大を目指している。 ※事前申込

サマーナイトボッチャフェス

ボッチャとは、赤と青の2チームに分かれて手の平サイズのボールを白い目標球に向かって投げ、どちらのチームが目標球にボールを近づけられるかを競う競技で、東京2020パラリンピックの正式種目にも採用されている。当日はルールの説明や競技指導などを行った上で、ミニゲームを行う予定。この機会に、パラリンピックの正式種目を体験してみては。※事前申込

ボッチャ教室(8月)

赤と青の2チームに分かれて手の平サイズのボールを白い目標球に向かって投げ、どちらのチームがよりボールを近づけられるかを競う競技「ボッチャ」。東京2020パラリンピックの正式種目にも採用されている。昨年度から東京都の事業の一環で、パラスポーツの理解促進と裾野の拡大を目指しておこなっている体験教室。ボッチャのクラブチームによるルールの説明や競技指導も受けられ、楽しみながらゲームに挑戦できる。※事前申込

パラスポーツ体験教室(8月)~ローリングバレーボール~

毎月1回、だれでも参加可能な「パラスポーツ体験教室」を開催。毎回異なる種目の体験教室を開催し、ルールを学んでもらいながら練習や実践を通じた競技を指導し、競技の戦術を身に付けてもらう。今回はコートに座った姿勢や膝をついた姿勢でプレーするローリングバレーボール。障がい者と健常者が混成で6人のチームを構成するので、肢体が不自由な障がい者も健常者と大差なくプレーできる。 ※事前申込

子どもパラスポーツ体験教室 in 首都大荒川キャンパス

子どもパラスポーツ体験教室は、競技団体の人々の協力を得て、子どもたちのパラスポーツへの好奇心を刺激し、パラスポーツを理解する場を提供する為、今年度初めて開催する。パラスポーツの体験を通して、理解する楽しみや挑戦、変化に対応していく力と態度を身に着け、継続的に活動に取り組んでいけるような意識の醸成の場となることを目指す。また、子どもの活動を通して、保護者にもパラスポーツの魅力を感じてもらいたい。

子どもパラスポーツ体験教室 in 首都大荒川キャンパス(夏期)

子どもパラスポーツ体験教室は、競技団体の人々の協力を得て、子どもたちのパラスポーツへの好奇心を刺激し、パラスポーツを理解する場を提供する為、開催されるもの。今回は、ブラインドサッカーの体験を通して、理解する楽しみや挑戦、変化に対応していく力と態度を身に着け、継続的に活動に取り組んでいけるような意識の醸成の場となることを目指す。子どもの活動を通して、保護者にもパラスポーツの魅力を感じてもらいたい。