メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「年中行事・歳時記 広島県」のイベント一覧

管絃祭

平清盛が都の「管絃の遊び」を模し、神様を慰める神事として執り行われたのが始まりとされる。午後15時からの嚴島神社本殿での発輦祭の後、御鳳輦を御座船に移し、管絃を演奏しながら対岸の地御前神社に向かう。大阪の「天神祭」、松江の「ホーランエンヤ」とともに日本三大船神事にかぞえられる。

玉取祭

約400年前から伝わる祭で、嚴島神社大鳥居前の海中に組んだ高さ8メートルのヤグラに吊された幸福の宝珠を取るために人間ピラミッドを組んで若者たちが飛びかかる勇壮な祭り。江戸時代には延年祭と呼ばれ、神社の拝殿で行われていた。明治初期から今のような形になり、管絃祭とともに嚴島神社の代表的な夏の祭りとして知られる。

ピースメッセージとうろう流し

毎年8月6日の平和記念日、原爆、戦災、一般死没者の霊を慰めるとともに、広く世界へ平和のメッセージを発信し、恒久平和を祈願する「とうろう流し」。市内の川を約8,000個のとうろうが流れる様子は幻想的。「慰霊」と「ピースメッセージ」の意味を持つこの行事は長い歴史を持ち、広島の風物詩ともなっている。

因島水軍まつり「海まつり」

村上水軍を再現する「因島水軍まつり」。3部構成のうちのひとつ、小早レースを中心に汗を流し競い合う「海まつり」。村上水軍が伝令船として使用した木造船「小早(こはや)」による競争レースが行われる。当時の水軍の繁栄を現代に伝える勇壮なお祭りだ。

竹原住吉まつり

江戸時代から続く住吉神社の伝統行事。本川沿いにこども提灯が並び、櫂伝馬、神輿渡御、うちわ抽選会など多彩なイベントが行われる。2日間かけて竹原の夏を楽しもう。

2019年町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~

江戸時代から続く古い町並みが、5,000本の竹筒からあふれるろうそくの灯りで幻想的にライトアップされる。竹で作ったオブジェの展示やコンサートなども実施される。

三次の鵜飼

三次の夏の風物詩である「鵜飼」。約450年の伝統を有し、姉妹都市交流をしている中国四川省から贈られた白い鵜が登場するのは全国でも三次市だけ。例年6月~9月10日の期間中に三次市の馬洗川で行われ、鵜舟と遊覧船が併走し間近で鮎を追う独特の鵜飼は見ごたえ十分だ。