メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「年中行事・歳時記 京都府」のイベント一覧

一休寺 一休善哉の日<中止となりました>

一休禅師は1月1日生まれ、大徳寺の住職からお餅の入った小豆汁をごちそうになり「善哉此汁(よきかなこのしる)」とおっしゃったことから善哉となったと言われている。1月最終日曜日を「一休善哉の日」として、その一年間の各人毎の誓いの言葉を奉納してもらう。その一年の自分自身の目標を新たにし、一年間その言葉を持って、生きていく力づけにしようとするもの。そしてその後、一椀の善哉がふるまわれる。先着1000名。

節分会(星まつり)

心経前殿(御影堂)にて執り行なわれる節分祭。真言宗では、その年の運命をつかさどる星を供養し、祈願をささげることにより人生に幸福と平和がもたらされるとしている。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、法会後の豆まきは取りやめとし、参拝者には、1人1つ袋入り福豆を配布。福豆は参列者1人につき1つ。数に限りあり。

大覚寺 土砂加持法会

真言宗(密教)に伝わる最高の法会にて、不空羂索経に「光明真言にて土砂をお加持し、お墓や塔婆に撒くと、亡者はたちまちに極楽に往生する」とある。また、お加持した土砂をお守りとして所持すれば零障から身を守ることができる。

梅花祭

2月下旬から3月中旬には御祭神・菅原道真公(菅公)が特に愛でた梅花が見ごろとなり、境内一円馥郁たる香が漂う。菅公は承和12年(845)6月25日に御誕生になり、延喜3年(903)2月25日に薨去され、この縁により毎月25日は縁日として御遺徳を偲び、特に祥月命日の2月25日には「梅花祭」が執り行われる。境内では、上七軒の芸妓舞妓による野点茶会が催される。

大覚寺 常楽会

常楽会とはお釈迦さまが入滅された2月15日(旧暦になる為、大覚寺では3月15日)にその徳を偲び感謝をささげる法要で、涅槃会(ねはんえ)とも呼ばれている。お釈迦さまに思いをはせよう。

大覚寺 灌仏会(はなまつり)

お釈迦様の誕生を祝う「灌仏会」。花まつりともいわれ、花御堂に安置した釈迦像に甘茶を注ぐ行事。灌仏後、本堂前に用意される甘茶をいただくことができる。今回は新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し、灌仏作法(釈迦像に甘茶を注ぐ作法)及び甘茶のお接待は中止。五大堂に安置した花御堂のみお参りできる。

杉本家住宅特別公開「雛かざり展」

150年の時を刻む、重要文化財の京町家「杉本家住宅」。京商家に伝わる「雛かざり展」は、昔のままのしつらえが残る、貴重な京町家の座敷に節句人形が飾られる。今年は特別に、前期・後期にわけて人形の展示替えをし、趣の異なる雛かざりを2度愉しむことができる。重要文化財「杉本家住宅」および、名勝「杉本氏庭園」は、京都の街中にありながら喧噪も遠く、畳の座敷から庭を見ると、春の訪れを感じることができる。

町家のお正月「歳徳神」

京都のお正月の神様、歳徳神。京都の古い町家では昔はお正月だけ特別に現れる歳徳神の神様をお祀りしていた。歳徳神のいる方向は縁起のいい方向、その年の恵方の方角で、毎年方向が変わることに合わせて360度回転する不思議な神棚だ。京都のお正月をこの機会に冨田屋で体験してみては。町家見学としきたりのお話を聞くことができる。ライトアップの鑑賞を希望する場合は、予約の上17:00~20:00に足を運ぼう。