メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「年中行事・歳時記 静岡県」のイベント一覧

藤守の田遊び

藤守の田遊びは千年以上前に、大井川の治水と1年の豊作を祈願する神事として始まったといわれている。今もなお、昔のままの姿を残しており、昭和52年に国の重要無形民俗文化財に指定された。伝統とともに華やかな舞で有名な神事。

高天神社例大祭

高天神社は、高天神城跡にあり、かつての高天神城を守護する神社。この祭礼は、約260年ほど前に瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)がこの地に降臨されたことに期を発するもので、1年に1回、3月最終日に東峰の社に神様が里帰りされる行事として行われる(近年では3月末日の日曜日に実施)。祭礼は桜の見ごろと重なることもあり、毎年多くの見物人でにぎわう。

三熊野神社大祭

子授け・安産・縁結びに御利益があると言われている三熊野神社。県無形文化財の第1号の三社祭礼囃子で盛り上がるこの大祭の呼びものは、神興渡御と華やかな13台のねりの引き回し。威勢の良い「シタッ! シタ!!」という掛け声が響き渡り、町は祭り一色に染まる。

第64回静岡まつり

静岡市が誇る春の風物詩「静岡まつり」が3日間にわたり開催される。芸能人が大御所家康公に扮する大御所花見行列をメインに、駿府登城行列、夜桜乱舞市民総踊りなどが行われる。「大御所花見行列」は、「ここ駿府の地で、大御所(家康公)が家臣を連れて花見をした」という故事にならって再現されており必見! そのほか家康公にちなんだイベントが盛りだくさん!

グランシップ高松宮妃のおひなさま展

今から90年前の昭和5年2月4日、第十五代将軍徳川慶喜公の孫にあたられる高松宮妃喜久子さまがご成婚のお支度としてお持ちになった京雛が展示される。幅5.9m、高さ3.6mの大きさながら、雅な佇まいの雛人形、実際と違わぬほど精巧に作られた約600点の調度品の数々。年に一度のお披露目として、美しく華やかなおひなさまを鑑賞してみては。

伊豆修善寺温泉女将の雛飾りin花小道

大正時代に建築されたお宿「花小道」二階広間に、数多くのお雛様が飾られる。珍しいお雛さまや、明治大正時代のお雛さまから平成までの色々な時代のお雛様を鑑賞しよう。また花小道より車で10分程度の修善寺梅林で富士山を拝することもできる。自然と歴史と美を肌で感じてみては?

岡部宿大旅籠柏屋 ひなまつり

主屋資料館では、15体の等身大雛人形の五段飾りが勢ぞろいする。人形と一緒に撮影も可能。その他、藤枝市指定有形文化財の御殿飾りや大変珍しい江戸時代の内裏雛なども見ることができる。ギャラリーでは「連鶴アート展」として、一枚の和紙で数羽から数十羽まで折られた連鶴の作品約100点が展示。そのほか敷地の各地では、木目込み人形、押し絵雛などの展示コーナーや写真スポットもあり。

第23回雛のつるし飾りまつり

雛祭りの際、雛壇の両脇に一対のつるし飾りを飾る風習が古く江戸時代よりあった伊豆稲取。親から子へ、子から孫へ、代々受け継がれてきた雛のつるし飾りを町内4会場にて観賞することができる。メイン会場は稲取文化公園内の「雛の館」と「むかい庵」。期間中は土日限定で巡回バスの運行される。また、街中では日にち限定で無料休憩所が開かれ、金目鯛の味噌汁のふるまいや地元のお土産販売が行われる。

伊豆長岡温泉 まゆ玉の里

昔は盛んだったが近年はあまり見られなくなったまゆ玉飾り。そんな歴史あるまゆ玉飾りが住民によって復活した。まちの女性たちがひとつひとつ心を込めて作り上げた艶やかなまゆ玉飾りの展示を楽しめる。まゆ玉作り体験も開催(15時30分までの受付)。

もっと見る