メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「年中行事・歳時記 石川県」のイベント一覧

一本杉通り 秋の大市

光徳寺の報恩講が始まりとされる、多くの露店、老若男女が集う大市。親善都市である丸亀市から本場の讃岐うどんもやってくる。活気あふれる一本杉通りの秋の大市へお出かけを。

あえのこと(田の神迎え)

毎年12月5日「田の神迎え」は、正装した一家の主人が田まで田の神様を迎えにいき、家に迎えた後は囲炉裏端で暖をとってもらう、お風呂に案内し入浴いただき、海の幸・山の幸でのおもてなしをし、春までゆっくり休んでもらうもの。田の神様は夫婦神で、稲穂で目を悪くしたとされるので、所作は言葉掛けして行う。奥能登のあえのことは、国の重要無形文化財・ユネスコの無形文化遺産に認定された伝承行事である。

尾山神社 初詣

加賀藩初代藩主・前田利家公と正室お松の方を祀る神社。見どころは国の重要文化財にも指定されている「神門」。オランダ人ホルスマンの設計、和漢洋のそれぞれの様式が用いられた異色の門が訪れる人を惹きつける。日本最古の避雷針もある。種類豊富なおみくじ、珍しい狛犬なども人気。初詣で訪れれば晴れやかな気分になるだろう。

宇多須神社 初詣

浅野川の河辺から掘り出した古鏡に卯と辰の紋様があり、卯辰神を祀ったことが起こり。初代藩主利家没後、卯辰八幡宮を建立し、利家の神霊を祀って藩社とした。境内奥手には五代綱紀の病を平癒したとする「利常公酒湯の井戸」がある。2019年も良き年となるよう、お参りに出かけよう。

金劔宮 初詣

北陸最古の神社と伝えられる古社。身命守護、健康、生業繁栄の神として崇められていて、ご祭神は「ににぎのみこと」「ひこほほでみのみこと」「おおくにぬしのみこと」など、多数祀(まつ)られている。

久保市乙剣宮 初詣

平安時代の初め「乙剣大明神」と称し、加賀国小坂荘久保市村の産土神として創建された神社。中世に至り、門前に北加賀地方の中心的市場が形成され、ここから金沢のまちが形作られていったことから、この神社は金沢の「市場発祥の地」、「まち発祥の地」として、特に「商売繁盛・発展の神様」として広く崇敬されている。明治の文豪・泉鏡花ゆかりの神社としても知られる久保市乙剣宮へ、新しい年のご挨拶を。

金沢東照宮 尾崎神社 初詣

朱塗りの尾崎神社は、1643(寛永20)年に加賀藩4代藩主前田光高が曽祖父の徳川家康を祀(まつ)るため金沢城北ノ丸に建てられた。明治に入り現在の地に移築され「金沢東照宮」と呼ばれ、国指定の重要文化財となっている。お正月には大勢の人が参拝に訪れる。 ※尾崎神社の「崎」の字は正式には立つ崎

菅生石部神社 初詣

1400年の歴史を誇る加賀国二ノ宮。南加賀では最も古い天神様として、美濃国に17社勧請(かんじょう)している。「斎藤」姓発祥の地であり、氏神として知られている。パワースポットとしても人気がある菅生石部神社へ、新年のご挨拶を。

大野日吉神社 初詣

大野日吉神社は小高い山の上に鎮座し、境内は四季折々の美しい自然の彩が見られ、正面には白山連峰、背後には日本海・金沢港を一望できる好立地にある。また、大野は奈良時代より川湊として栄え、また江戸時代は北前船の拠点として栄えた金沢の港町であり、日本五大醤油産地の一つに数えられている。鳥居には、北前船の安全を祈る船主の名が刻まれている。今年1年の海の安全をお祈りしよう。