メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「年中行事・歳時記 岩手県」のイベント一覧

毛越寺二十日夜祭

正月14日から20日まで新春の祈祷である常行堂の摩多羅神(またらじん)祭が執り行われる。特に結願の20日は二十日夜祭と称され、献膳式に引き続き古伝の常行三昧供の修法が行われる。さらに厄年の老若男女がたいまつの明かりを先頭に平泉駅前から毛越寺常行堂まで大根や白菜などの供物をささげ練り歩くお上り行列が行われる。その後堂内では僧侶たちによる「延年の舞」が夜半まで奉演される。

サイトギ

櫓の燃え盛る炎で作物の吉凶を占う伝統の祭典。国選択無形民俗文化財に指定されている。櫓を燃やし、火の粉の舞う方向と、「オコモリ」と呼ばれる穀物を固めて作ったものの崩れ具合により、作物の吉凶を占う地域の伝統行事。

黒石寺蘇民祭

厄払いや五穀豊穣を祈願し、夜を徹して男たちが繰り広げる勇壮な祭り。千年以上の歴史を持つといわれ、現在も旧暦正月7日の夜から翌朝にかけて古式にならい行われている。全国的にも原型を失ってない祭りとして注目されるお祭り。裸の男たちが激しくぶつかりあう様は迫力満点!

一関市・大東大原水かけ祭り

沿道で待ち構えた人達から容赦のない冷水を浴びせかけられながら、「火防祈願」「無病息災」「家内安全」を祈って勇ましく走り抜ける裸男達。江戸時代から続く伝統的な祭りで、みちのくの極寒2月に行われることから「天下の奇祭」とも呼ばれている。このほかに、仮装手踊り・市消防団纏組による纏ぶり・市内外の各種団体のストリート演舞などが行われ、一日中楽しめるお祭りとなっている。

たろし滝測定会

とげし森から葛丸川に注ぐ沢水が山の中腹で凍りついてできる大氷柱の太さを測定し、その年の作柄を占う。「たろし」とはつららを意味し、垂氷(たるひ)が訛ったもの。できる氷柱が滝に似ているので「たろし滝」の呼び名がついたと言われている。過去最高の記録は昭和53年の8mで、その年は大豊作となった。

早池峰神社蘇民祭

厄除け、無病息災、五穀豊穣などを願い、裸の男たちが雪の境内で蘇民袋を奪い合う勇壮な祭り。押し合いながら参道を下り、参道の鳥居で袋の口を押さえている人に駒が与えられる。

五大尊蘇民祭

建久2年の元旦から7日の間、国家安泰・五穀豊穣・病魔退散・牛馬安全を祈願して、護摩法要の加持を行い、そのときに配られた護摩火餅を参拝者が競って手に入れようとしたことが始まりと伝えられる。前夜祭には、42歳の大厄に当たる年男たちにより裸参り行事が行われる。本祭では、古式の山伏祈祷による祈願、大護摩法要の奉修後、雪の上に力餅をまき、勇ましいラッパの合図で、男衆たちが蘇民袋の壮絶な争奪戦を繰り広げる。

おおはさま宿場の雛まつり

大迫の中心街はかつて盛岡と遠野を結ぶ街道の宿場町として栄え、江戸時代の古今雛や亨保雛などの雛人形が代々受け継がれている。宿場の雛まつりでは町内の商店や民家30ヵ所以上に雛人形が飾られ、春を間近に控えた商店街に大勢の観光客が訪れる。

第15回 八日市つるし雛まつり

つるし雛は、小さな人形を糸同士でつないで吊るして飾られるもの。その人形には一つ一つに意味があり、セミは「泣く子は育つ」、ウグイスは「きれいな声になるように」との願いが込められている。約一万点の手づくりつるし雛が所狭しと会場を埋め尽くし、色とりどりの飾りが展示される光景は圧巻。これらは、地元の女性たちが古い着物を使用して一針一針丁寧に作られたもの。期間中は、人形手作り体験やストラップの販売もあり。

もっと見る