メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「お祭り 和歌山県」のイベント一覧

牛の下餅投げ

牛の舌餅という畳1枚程ある「のし餅」は、毎年11月23日の新嘗祭に神饌として御供し、祭典終了後、参詣者に他の奉納された餅とともに投げ配られている。これは何時の頃より始められたか詳らかではないが、牛祭りに投げたものと言われる。餅まきに使われる餅は約200kgにもなる。

第26回まぐろ祭り

まぐろの即売やまぐろ料理の試食など、だれでも参加できるグルメなお祭り。延縄漁法による生まぐろの水揚げが日本一の勝浦漁港を舞台に、まぐろの即売や勝浦ならではのまぐろ料理(まぐろ汁など)を堪能出来る。

本州最南端の火祭り

2001年より「本州最南端の火祭り」風・音・炎の祭典と題して、名物「しょらさん鍋」、「串本節保存会・岬節保存会・トルコ民俗舞踊団の表演」、「餅つき・芋餅販売」、「芝焼き」と、一日楽しいイベントが組まれている。当日の天候により変更もあるが、毎年1月最後の土曜日に行われている。

紀三井寺 節分

本堂では早朝より厄除、家内安全などの祈祷が厳修される。午後4時から本堂にて「鬼やらい・追儺(ついな)式」がはじまり、年男が福男として豆まきを行う。その後境内の特設ステージでは豆と共に様々な景品が福男たちの手でまかれる「福つき大豆まき」が行われ、今年の福をつかもうとする大勢の人でにぎわいをみせる。

御燈祭り

神倉神社の「御燈祭り」は毎年二月六日夜、斎行される。熊野年代記には敏達天皇三年(西暦574年)正月二日に神倉山が光を放ち、翌四年の正月六日夜、神倉火祭り始まると記されている歴史ある炎のみそぎ神事で国指定重要無形民俗文化財にもなっている。赤く燃え上がる炎の迫力を間近で感じてみよう。

淡嶋神社 針供養

祭神である少彦名命が裁縫の道を始めて教えたといわれることから始まった神事。1年の間に納められた針を本殿にて祓いを受けた後、鉢塚に納め塩をかけて土に返すことで、針の労をねぎらい、今後の上達を祈るお祭り。

卯杖祭(うづえのまつり)

卯杖で邪気を祓うと伝えられる厄除の祭典。14日夜には小豆粥を炊き、その中に竹筒を沈めて、中に入った粥の量で、稲や農作物の豊凶を占う。この小豆粥は15日の祭典後に振舞われ、これを頂くと魔除けになり、無病息災になるといわれている。