メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「お祭り 大阪府」のイベント一覧

三光神社 真田まつり<中止となりました>

<中止となりました> 真田幸村の真田丸で有名な三光神社の真田まつり。伝説の(大阪城まで続いているといわれる)真田の抜け穴が1年に一度一般開放される。この日は、美味しい屋台も多数出店。真田グッズや、子どもたちが楽しめるイベントも盛りたくさん。

住吉大社 新嘗祭

新嘗(にいなめ)とは、宮中にて天皇陛下が神々に新穀をささげ、みずからも一緒に召し上がる重要なお祭り。全国の神社でも大祭として行われ、初穂を供え、今年1年の収穫の感謝と喜びを神に報告する儀式。五穀豊穣に関わる儀式の中でも、特に重んじられている祭典。

こつま南瓜まつり

毎年、冬至の日にカボチャをご神前にお供えし、お祓いを受けたカボチャを家族揃って食べて無病息災を祈る慣習がこの地にあった。その慣習をお祭りにしたのが「こつま南瓜祭り」。今年は、一般祈祷券の授与、お払いしたカボチャを境内で蒸し上げていただくことはできないが、ボケ封じ祈祷やお守り等の授与は行う。また、境内には「こつま南瓜塚」があり、この塚のカボチャ石を撫でてお参りするとたちまち生気が蘇るといわれている。

住吉大社 師走大祓式・除夜祭

1年の罪や穢れを祓いやる儀式で正面の幸寿門前にて斎行される。参加者は神事に参列して「切麻(きりぬさ)」にて自身をお祓いし、悪疫退散、除災招福を願う。大祓式に引き続いて除夜祭が行われる。1年最後の日が暮れる頃、行く年への感謝と良き新年の訪れを祈る。神事への参列希望者は当日17時までに幸寿門前に集まろう。

住吉大社 若水の儀・元旦祭

若水の儀とは、宮司自ら神井より汲み上げた若水を竹筒に入れ、神様にお供えする儀式。若水は邪気を祓う若返りの信仰がある。元旦祭とは、初日の出の時刻に国の隆昌と国民の弥栄、五穀豊穣を祈る神事。本殿をはじめ、境内にある全てのお社(摂社・末社)で斎行される。水は命の源とされていて、1年の初めに汲み上げられた水はとても神聖なものとされている。神井の水は、この若水の儀と御田植神事の時にだけ汲み上げられる。

住吉大社 古札焼納式(とんど)

住吉とんど祭は、古い御札やお守り、正月のしめ縄、飾り物などを斎火によって焼き納める神事。この火の煙を浴びると無病息災になると伝えられ、多くの参拝者で賑わう。

住吉大社 節分祭

節分は冬から春への変わり目であり、新春を迎える祭典を行い除災・招福を祈願。神館では追儺歩射式(ついなほしゃしき)が行われる。追儺とは悪鬼を追い払う儀式のことで鬼に見立てた大的に弓を引く「奉射の儀」が、多数の拝観者のもと厳粛に執り行われる。また、この日に厄除けの祈願をする風習であるため、職員や関係者のうち厄年の者が「厄除善哉」の振る舞いを奉仕し、例年、約1000食分が午前中になくなる盛況ぶり。

住吉大社 市戎大国社例祭「えべっさん」

「住吉のえべっさん」として商売を営む方から厚い崇敬を受けており、えべっさん当日は「福の餅撒き」のほか、願いごとが書かれた祈祷木のお焚きあげが行われる。毎年、9日10日と福笹や吉兆を求める人で境内は大変な賑わいをみせる。

住吉大社 七五三祝祭

昔は、子どもの成長過程と慣わしにより、3歳は「髪置き」、5歳は「袴着」、7歳は「帯解き」というお祝いを行った。現在はそれぞれの年齢に参拝し、成長・感謝・無病息災を祈願する。住吉大社では数え年で案内をしているが、満年齢で行なう人も少なくない。また、本来は11月15日だが、15日前後の日曜日など、家族の都合を優先させている人が増えているため、11月中毎日受付を行っている。