メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「お祭り 大阪府」のイベント一覧

こつま南瓜まつり

毎年、冬至の日にカボチャをご神前にお供えし、お祓いを受けたカボチャを家族揃って食べて無病息災を祈る慣習がこの地にあった。その慣習をお祭りにしたのが「こつま南瓜祭り」。お祭りではお払いしたカボチャを境内で蒸し上げて、皆でいただく。中風除け・ボケ封じにご利益がある。また、境内には「こつま南瓜塚」があり、この塚のカボチャ石を撫でてお参りするとたちまち生気が蘇るといわれている。

道明寺天満宮 納天神祭

毎月25日は天神さんの縁日。一年の納めの縁日が納天神。その納天神の日に一年の厄落としの大根炊きが行われる。一杯500円で厄除大根を食べれば一年の厄が落とされること間違いなし。

住吉大社 師走大祓式・除夜祭

1年の罪や穢れを祓いやる儀式で正面の幸寿門前にて斎行される。参加者は神事に参列して「切麻(きりぬさ)」にて自身をお祓いし、悪疫退散、除災招福を願う。大祓式に引き続いて除夜祭が行われる。1年最後の日が暮れる頃、行く年への感謝と良き新年の訪れを祈る。神事への参列希望者は当日17時までに幸寿門前に集まろう。

住吉大社 若水の儀・元旦祭

若水の儀は、宮司みずからが第四本宮前にある神井から御神水(若水)を汲み上げ、各本宮にお供えする神事。汲み上げられた若水は竹筒に入れられ、第四~第一本宮、大海神社、侍者社の各社にお供えされる。引き続いて天神地祇に祈る元旦祭が行われ、終わるころには初詣参拝の人で境内はにぎわいをみせる。

住吉大社 踏歌神事

五穀豊穣を祈る儀式。昔はアラレバシリと呼ばれていた。言吹(ごんすい)と袋持(ふくろもち)が声を掛け合い歩み寄り、神前に福の餅を捧げる。その後、神楽女による白拍子舞(しらびょうしまい)と熊野舞(くまのまい)が奉納される。白拍子舞は、全国的にも貴重な秘曲。最後に福の餅撒きが行われる。当日は、福を授かろうと大勢の参拝客でにぎわう。

住吉大社 白馬神事

白毛の馬を「あおうま」と呼び、特に1年の初めに見ると、その年は無病息災となり、たいへん縁起のいいものとされている。国家安泰をお祈りした後、白馬「白雪号」が2名の神職とともに、各本宮を拝礼する。さらに第一~第四本宮の周囲を駆け巡る。また、白馬神事当日のみ限定授与しているご朱印やお守り(竹駒守)が受けられる。

住吉大社 古札焼納式(とんど)

昨年1年間に守護をいただいた古い御札やお守り、正月のしめ縄などを焼き納める行事。この火で餅を焼いたり、煙を浴びると無病息災になると伝えられている。

道明寺天満宮 初天神うそかえ祭

道真公が無実の罪で大宰府に左遷され、任地に到着された神事時に、無数の蜂が襲来して参拝者を悩ませた。そこに一群のうそ鳥が飛来し、蜂を食い尽くして人々を救った…。神職が一年がかりで手彫りした木製のうそ鳥を、参拝者同士「かえましょう、かえましょう」と言いながら、交換。太鼓の合図で袋を開け、金・銀・木と書いてあれば、それぞれ18金製・純銀製・大きめの木製のうそ鳥と交換できる。

住吉大社 節分祭

節分は冬から春への変わり目であり、新春を迎える祭典を行い除災・招福を祈願。神館では追儺歩射式(ついなほしゃしき)が行われる。追儺とは悪鬼を追い払う儀式のことで鬼に見立てた大的に弓を引く「奉射の儀」が、多数の拝観者のもと厳粛に執り行われる。また、この日に厄除けの祈願をする風習であるため、職員や関係者のうち厄年の者が「厄除善哉」の振る舞いを奉仕し、例年、約1000食分が午前中になくなる盛況ぶり。

もっと見る