メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「お祭り 大阪府」のイベント一覧

道明寺天満宮 筆まつり

学問の神様として知られる道真公は、また書聖と称され、書の神としても信仰を集めている。古くなった筆に感謝し、さらなる書道の上達を祈願する筆まつりが、境内に位置する筆塚にて執り行われる。

卯之葉神事

住吉大社の創立記念日を祝う式典。卯の葉を使った玉串を捧げ、祭典が行われたのち、石舞台にて舞楽が奉納される。優雅な舞楽を見ようと、毎年たくさんの人が訪れる。また、卯の花苑は、大阪市内に残る数少ない卯の花の名所として有名。卯之葉神事が行われる5月の初旬から一般公開され、苑には13品種500株、白・淡紅・紫紅色の美しい花が咲き、とても見ごたえがある。

初辰まいり 五月の初辰大祭

毎月の初辰まいりの中でも、5月の初辰大祭は、より一層力を与えて守り助けてもらえると信仰されている。4年を一区切りとして48回参拝すれば、満願成就。これは、四十八辰、つまり始終発達するという意味からきたもので、4年間月参りを続けられるというのは、それだけ無事発達していることでもある。楠くん社では、4年間毎月かかさず祈祷した人へ、満願札という御神札を授与する。境内では、福の餅撒き・御神酒のふるまいも。

住吉大社 御田植神事

稲作の始まりとともに、田の神さまを祭る田植え神事は全国各地で行われている。なかでも、住吉大社では儀式を略することなく、古と同じ格式を守り、華やかで盛大に行っていることで有名で、重要無形民俗文化財に指定されている。田植えに際して楽を奏で、歌をうたい踊りや舞を演じるのは、田や植付する苗に宿る穀物の力を増やすため。穀物が豊かに育ち、稲穂が十分に実る秋を迎えるための神事として、厳かに行われている。

住吉大社 水無月大祓式

半年間の罪や穢れをお祓いする儀式。住吉大社では、正面の幸寿門前にて斎行される。参加者は、神事に参列して「切麻 (きりぬさ)」にて自身をお祓いし、悪疫退散、除災招福を願う。神事に参列を希望する場合は、当日15時までに幸寿門前に集合。

住吉大社 観月祭

観月祭とは中秋の名月の日に行われる住吉大社の特殊神事。第一本宮にて祭典が執り行われ、引き続き反橋の真中より名月が上る中、和歌の披講、俳句の朗詠、舞楽、子どもたちによる住吉踊が奉納される。反橋と名月が作り出す幻想的な雰囲気は情緒的で、当日はたくさんの人が仲秋の名月を楽しみに訪れる。

住吉祭(夏越祓神事・例大祭)

大阪最後の夏祭りを締めくくる住吉祭は、大阪中をお祓いする「お清め」の意義があり、古くより「おはらい」ともいわれた。7月海の日に「神輿洗神事」、7月30日に「宵宮祭」、翌日「夏越祓神事・例大祭」、そして8月1日にはいよいよ、住吉大神の御神霊(おみたま)をお遷した神輿が行列を仕立て、堺の宿院頓宮までお渡りする「神輿渡御」が行われる。

野崎まいり

「のざきまいり」で知られ、昔から大阪庶民に「のざきの観音さん」と親しまれる寺「慈眼寺」。本尊の十一面観音は行基作と伝えられ、縁結び、安産、子授けのご利益があるといわれている。GW期間中と言う事もあり、JRの野崎駅から野崎観音までの参道には300軒以上もの屋台が並び、祭りとして「屋台」を楽しみにしている人も多く、毎年20万人を越える人出で賑わう。