メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「お祭り 愛知県」のイベント一覧

五万石藤まつり 第26回将棋まつり

将棋まつりのトップスター達が招かれ、将棋ファンと間近に触れ合うイベントが満載の全国屈指レベルの将棋まつり。将棋大会、懸賞詰将棋、プロ棋士による指導対局やトッププロ同士の夢の対決が行われる公開対局などが行われる。

信長生誕485年祭

戦国時代の英傑織田信長公は、天文3年(西暦1534年)5月28日に、尾張国の勝幡城で生まれた。今年は、信長生誕485年に当たるため、生誕地である勝幡の地で信長公生誕祭が盛大に開催される。生誕祭では、織田信長公勝幡城生誕説を発表した石田氏による勝幡城の解説に始まり、地元の太鼓演奏・詩舞演舞、SNS等で全国的に有名となった津島の観音寺副住職によるライブペイント、信長公に関わる歴史講演会等が行われる。

徳川園 山車揃え

初夏の風物詩として親しまれている名古屋市東区の天王祭の最中に、祭りにくり出される5輌の山車が徳川園に勢揃いして、からくりの競演が繰り広げられる。当日、午前10時より黒門前で特製団扇(先着1000名)、徳川園(日本庭園)への入園者先着500名には特製ストラップを1枚プレゼント! 徳川園の庭園への入場は有料。 ※前日当日の天候により、中止あるいは山車の数が減る場合あり

熱田まつり

熱田神宮の年間約70に及ぶ祭典・神事の中で、最も重要且つ荘厳な祭儀。勅使(天皇陛下のお使い)参向のもと、「例祭」を中心に、昼夜に亘り、武道・献茶・献花・演芸など数々の奉納行事が境内外の各所で催され、伝統文化熱田神楽を奉納する。中でも東西南の各門に奉飾される「献灯まきわら」と、神宮公園にて華やかに打ち上げられる約1,000発の花火は、名古屋の初夏を彩る風物詩として広く人々に親しまれている。

尾張津島天王祭

尾張津島天王祭は津島神社の祭礼として600年近く続いている。織田信長も見物した祭は、宵祭と朝祭があり、宵祭は500個以上の提灯を掲げた5艘のまきわら船がゆらゆらと天王川を漕ぎ渡る。朝祭は、能を形どった人形を乗せた車楽舟に模様替え。市江舟を加えた6艘の車楽舟が古楽を奏でながら、先頭の市江船に乗った10人の鉾持ちが布鉾を持って水中に飛び込む姿は圧巻。

第64回おりもの感謝祭 一宮七夕まつり

毎年、7月の最終日曜日から逆算した4日間、愛知県一宮市で行われる「七夕まつり」。市内一円に飾り付けられた七夕飾りの数は圧巻。伝統的な七夕吹き流し飾りや、独自の飾りもあり、見どころ満載! 七夕飾りだけでなく、様々なイベントやミス七夕・ミス織物特別撮影会なども行われ、お楽しみがいっぱいの4日間。

半田の山車祭り・春まつり

半田市では毎年3月下旬から5月3日・4日にかけて半田の山車まつり・春まつりが開催される。市内10地区では総勢31輌の山車がそれぞれの地区で曳き廻しがあり、7地区では子供みこしの町内練り歩きや巫女の舞奉納や餅投げなどが行われる。豪華な山車と勇壮な曳き廻し、からくり人形・獅子舞・三番叟の妙技。300年受け継がれてきた祭り絵巻は圧巻。※地区により開催日が異なるので、事前の確認をおすすめ。

尾張津島藤まつり

かつて津島市は「藤浪の里」といわれたほどの藤の名所。その名残を今に伝えるのが毎年4月下旬から5月上旬にかけて開催される「尾張津島藤まつり」。会場となる天王川公園には、長さ275m、面積5034平方メートルの壮大なスケールの藤棚がある。会場・まちなかでは家族で楽しめる催事が行われ、観光客や家族連れで賑わいを見せる。

稲沢あじさいまつり

文化財とあじさいの花等を楽しみながら散策できる花と緑の大塚性海寺歴史公園で開催される「あじさいまつり」。園内には、カシワバアジサイ、城ヶ崎アジサイ、紅など約90種1万株を数えるあじさいが様々な彩りの花をいっせいに咲かせ、息を呑むような美しさで園内を飾る。

もっと見る