メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「お祭り 岐阜県」のイベント一覧

飛騨神岡祭

雪深い神岡に春の訪れを告げる飛騨三大祭りの一つ飛騨神岡祭。神岡町内二社一宮(大津神社・白山神社・朝浦八幡宮)のお祭りが盛大に執り行われる。渡御行列では祭り囃子の中、大中小の神輿を含む平安絵巻を思わせる700人あまりの大行列は大変美しく、子ども達が行う“とりげ”と呼ばれる鶏闘楽は激しく踊るのは魅力だ。神輿が神社にお帰りになる「還御」が始まる夕暮れ時には、松明を手にした氏子が参道に勢ぞろいする。

新元号制定記念「高山祭屋台の特別曳き揃え」

2019年5月1日に、新元号へ移行することを記念として、「高山祭屋台の特別曳き揃え」が開催される。この日のみ開催される特別なイベントで、春の祭屋台と秋の祭屋台が同日に鑑賞できる。

赤池弁財天大祭

七宗町に春の訪れを告げるのは、山々にこだまするにぎやかな祭囃子。若葉映える5月には、赤池弁財天祭が盛大に繰り広げられる。古式ゆかしい心事が、昔のままに受け継がれているのは、野が、山が、今も変わらぬ恵みをもたらしてくれるから。自然の神へ、感謝の祈りを込めて開催される「赤池弁財天祭」に参加してみては。

ぎふ長良川の鵜飼開き

毎年5月11日に行われる鵜飼開幕のイベント。鵜飼安全祈願祭のあと、夕方には観覧船が次々と漕ぎ出され、太鼓の演奏や花火の打ち上げなどで華やかなムードに包まれる。長良川鵜飼は、毎年5月11日~10月15日までの期間中、鵜飼休みと増水時を除いて毎夜行われる。赤々と燃える篝火を川面に映し、鵜匠と鵜が一体となって繰り広げる古典漁法は、千古の昔にタイムスリップしたような幽玄の世界へと誘う。

専養寺 きつね稚児行列

鉄道稲荷として有名な専養寺の専養稲荷。今でも希にきつねの出入り口が出来る不思議なお稲荷さん。霊力高らかなお稲荷さんのご加護をいただく為に開催されている専養寺のきつね稚児行列。きつねのお面としっぽを付けたカワイイきつねに扮した稚児達がきつねの嫁入りに続く。行列後は本堂でご祈祷。子どもたちの無病息災を願う。稚児行列の参加には事前申し込みが必要。専養寺ホームページより受付。

揖斐祭り

300余年の伝統を誇る「揖斐まつり」。祭りは毎年5月4日(試楽)と5日(本楽)の2日間に行われ、勇壮な神輿渡御や豪華絢爛な5輌のやまが三輪神社境内に曳き揃えられる。そのやまの舞台で演じられる子ども歌舞伎は、毎年多くの観客を魅了する。5/3は祭りに先がけて子ども歌舞伎特別披露が行われる。※揖斐まつり当日は交通規制実施あり

大垣まつり

城下町大垣に初夏の訪れを告げる大垣まつりは、2016年12月にユネスコ無形文化遺産に登録されました。慶安元年(1648)、大垣城下町の総氏神の八幡神社が再建整備されたおり、10両のやまを造って曳きまわしたのが始まり。爾来370年余の伝統を誇り、13両の“やま”が城下町を練り歩き、華麗な元禄絵巻を繰り広げる。大垣まつりには、毎年、約500店もの露店が軒を連ねており、お祭りムードを盛り上げる。

垂井曳やままつり

毎年5月2、3、4日にわたって行われる八重垣神社の祭り。この日に出る3輌の豪華な曳やまとして有名。このやまは文和2年(1353)、後光厳天皇が美濃国垂井へ難を逃れた時、そのつれづれを慰めようと、村人たちが花車3輌を造って曳き回したことが始まりといわれている。現在の3輌のやまは漆塗りに蒔絵、名工による彫刻金具などを施した華麗なもの。子供歌舞伎狂言も披露され、多くの観光客も楽しみに足を運ぶ。

郡上八幡城新緑まつり2019

絶景の城として全国的に人気が高まっているモミジの名城「郡上八幡城」の新緑やツツジ・サツキ等の初夏の花々を楽しむイベント月間。今年は新天皇の御即位&改元を祝して、天守内を色鮮やかな「蝋染め」や「立体書」作品で飾り付ける特別アート展を開催する。日本最古の木造再建天守が、まるで「現代アート」のように楽しめる趣向。城下町でも各種マーケットイベント等で賑わう。慈恩禅寺など城下町の新緑名所巡りもお勧め。

もっと見る