メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「お祭り 石川県」のイベント一覧

石仏山祭り

石仏山は、社殿のない神社として尊崇されてきた古代の祭祀遺跡。俗に潔界山と言われ、今日も女人禁制の霊山として、女子14歳に達すると境内に立ち入ることができない不文律がある。山腹の霊地にある高さ2.7mの巨石をご神体として祀る、石神信仰に基づく古い形態の祭り。

酒樽がえし

4月とは言えまだ寒空の中、褌姿の男衆が酒樽を奪い合う「酒樽がえし」。神目神社にて1斗入りの酒樽に酒を入れて供え祝詞があげられる。終われば若者たち(神目神社の氏子男衆)は1斗入りの酒樽をかつぎ出して、田んぼや海の中で奪い合う。

弓引き祭り

十郎原西谷地区に伝わるユニークな祭り「弓引き祭り」。十郎原日桂神社の春祭りで、よろい、かぶと姿の氏子達が的を射る。的に当たった弓の数でその年の作況を占うといった古くから伝わる伝統行事。

恋路火祭り

男女の仲を裂かれた恋人同士の霊を慰めるため、村人がこぞって浜辺にかがり火を焚いたのが始まりとされている。祭りの夜、大小2本のキリコが威勢よく海の中を練りまわり、この間北前船などを型どった、この土地独特の油物と呼ばれる仕掛け火も披露され、観衆を喜ばせる。弁天島に設けられた大松明が海を赤く染めて燃えはじめると美しい火の輪を描き、恋路という名にふさわしいロマンあふれる世界を演出する。

松波人形キリコ祭り

各町内から出されるキリコの前面に人形を飾り、その出来栄えを競い合う。題材は歴史上の一場面や、その年々話題になったものなど様々で、勇壮に町内を練り歩く。文化8年(1811年)松波袋町の若連中が張本となり、近くの若手と組して長さ6間8寸のキリコを買ってきて、中ふくに狂歌・鳥羽絵などを描き、太鼓・笛・鐘などを打ち鳴らして若衆が威勢良く担いで回ったのがはじまりとされている。

大聖寺 桜まつり

十万石の城下町、大聖寺にある加賀神明宮の例祭。神社境内付近には露店が立ち並び、山車や獅子舞が町内を巡り歩く。神社近くにある熊坂川沿いにはソメイヨシノの桜並木が約1キロにわたって続いており、夜にはぼんぼりも灯り春浪漫を演出する。

とも旗祭り

御船神社の春祭りで、小木港を大のぼりと5色の吹き流し、大漁旗を揚げた数十隻の船が鐘や太鼓を打ち鳴らし、湾内せましとかけめぐる。その昔、北国平定に向かう大国主命(おおくにぬしのみこと)が能登半島の突端、禄剛崎(ろっこうざき)で大風に襲われた際、水先案内を務めた猿田比古命(さるたひこのみこと)が神旗を立てて祈り、航海の安全と戦勝を祈願したことが始まりといわれている。石川県無形民俗文化財。

甘茶まつり(医王寺)

日本三薬師の一つに数えられる山中温泉の「医王寺」で行われるお釈迦様の誕生をお祝いする行事。お釈迦様に甘茶をかけ、それをいただけば年中無病息災に過ごせると伝えられている。

あばれ祭

能登のキリコ祭りの先陣を切って行われる。初日は約40本のキリコが大松明の下を乱舞し、降り注ぐ火の粉中を練り回る姿は必見! 2日目はキリコに加え、2基の御輿が登場し、神輿は海や川、火の中に投げ込まれる。能登地方のキリコ祭りの中でも最も勇壮な祭りの一つとして知られている。

もっと見る