メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「お祭り 新潟県」のイベント一覧

能生白山神社春季大祭

毎年4月24日に行われる大祭で奉納される舞楽は、市内に4つある国の重要無形民俗文化財の一つ。室町時代の中頃には大阪四天王寺から伝承され、舞楽が奉納されていたといわれている。稚児が主役の舞いが多く、近郷近在の人や遠来の客を神遊びの世界へと魅了する。夕日に照らされる最後の陵王の舞は圧巻。

第43回十日町きものまつり

十日町駅周辺の通りが歩行者天国となり、街を散策しながら様々なイベントに参加できる。きもの貸出しや着付けを行う「きものの里をきもので歩こう」(要予約)や、きものパーティ(要予約)、きもの掘り出し市、十日町きもの女王撮影会などを、また十三詣りや稚児行列などの伝統行事も行われる。

第44回 艸原祭

妙高に春を告げるお祭り。元々は屋根に使う「カヤ」の野焼から始まったもの。妙高山をバックに上がる花火をいもり池越しに楽しめるほか、伝統芸能や地元料理を味わえる屋台などもある

第10回 越後長岡 五十六まつり

最後まで戦争に反対した郷土の偉人「山本 五十六」さんにスポットを当て、市民のと恒久の平和を願うイベント。第10回は五十六さんが得意だった逆立ちにちなみ、「第2回五十六逆立ち競走」や高校の吹奏楽部の演奏、パネル展、好物だった水まんじゅう試食会等が行われる。また今回は、Bリーグ中地区優勝の「アルビレックスBBのブースター感謝祭」を同日同会場内で実施。

糸魚川さかな祭り

日本海でとれた鮮魚などの海産物や特産品販売のほか、買った魚介類をその場で焼く網焼きコーナーも登場。素人セリ市などが行われるので参加してみてはいかが。当日は、レトロなボンネットバスが糸魚川駅から魚市場間をシャトル運行。

三条祭り

三条の鎮守、八幡宮の春季大祭として催される三条まつりは10万石の格式をもつ大名行列で知られる伝統行事。天狗様や神輿が商店街を練り歩く大名行列の後は、親が、無事成長を祈って2~3歳の子どもを肩車に乗せ、神輿、太鼓とともに八幡宮社殿を3周して拝殿に納まる「舞込」が行われ、毎年多くの観光客を集めている。また約230店もの露店が出店する。

加茂まつり(青海神社春季祭礼)

「加茂まつり」は別名「乳母まつり」と呼ばれている。青海神社の祭神の一つ、玉依姫命は安産・子育ての神として特に女性の信仰が深く、加茂まつりでは、若い母親が愛児に華やかな産着を着せて御神幸行列に参加することで我が子の健やかな成長を祈願する。御神幸行列は、21日の午後2時頃加茂山を出立。また、前日の午後からおよそ200件の露店が大通りに並び、祭りを盛り上げる。

三条凧合戦

江戸時代、村上藩陣屋の役人の子どもたちに町人の子どもたちが挑戦して凧を揚げたのが凧合戦のはじまりとされている。鮮やかな武者絵の描かれた畳2畳半ほどの大きな六角凧が、初夏の大空に空中絵巻を繰り広げ、相手の凧糸を切りあう空中戦は迫力満点。大会当日には「凧ばやし」の演奏や小凧のプレゼントなどもあり、多くの家族連れなどで賑わいをみせる。

上条まつり(長瀬神社春季祭礼)

6世紀後半に創建されたと伝えられる長瀬神社は、八幡(やはた)の地に加茂川の清流を臨んで鎮座し「八幡様(はちまんさま)」と地元で親しまれている。「上条まつり」といわれる春季祭礼は、笹だんごの看板がお菓子屋さんの前に立つ頃に開催されることから「だんご祭り」とも呼ばれる。6月15日午後2時頃には、重さ500キロとも600キロとも言われる、全国的にも珍しい六角形の神輿が繰り出す。

もっと見る