メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「お祭り 東京都」のイベント一覧

鳥越神社 水上祭形代流し

形代(かたしろ)を、祭壇を飾り五色の幣帛をたてた御座船につみ、鳥越神社の社名旗を翻した数十艘の群船に警護され、柳橋河岸より大川路(隅田川)を囃子の音も賑やかに沖へ下る。御座船では、奏楽の音と共に水上祭が執り行われ、罪障消滅の御祈祷がなされ、海底の奥底にある、罪(つみ)穢(けがれ)の根元、根の国底の国にこの罪穢を祓い清め、無病息災、寿命長久を祈念する。

第64回東京高円寺阿波おどり<中止となりました>

<中止となりました> 昭和32年に高円寺の街の賑わいを求めて一つの商店街で始まった高円寺阿波おどり。現在では1万人が踊り、100万の歓声が響く、東京の夏を代表する風物詩と言われるまでに成長した。JR高円寺駅、東京メトロ丸の内線新高円寺駅周辺に8演舞場を設け、期間中のべ160を超える連が熱く踊り歩く。日中は有名選抜連による屋内舞台公演も開催。趣きある舞台演出と夜の演舞場の熱気。異なる魅力を楽しもう。

第53回三鷹阿波おどり<中止となりました>

<中止となりました> 三鷹阿波踊りは、今年で第53回を迎える。 年の歴史のある行事で「三鷹の夏の風物詩」として多くの人に親しまれている。地元の連をはじめ、毎年多くの団体が参加し、迫力ある踊りを間近に見ることができる。

北澤八幡神社例大祭

例年、大変な賑わいをみせ、とくに8つのエリア(睦会)の大小約20基の神輿が茶沢通りを連合で渡御し、次々に宮入してくる様子は迫力がある。令和2年は新型コロナウイルス感染症防止のため、神輿渡御・縁日出店・奉納演芸の神賑行事は中止となった。神輿修祓式・祭典式については、関係者のみで執り行われる。奉納は、両日10時~16時の間受け付けられる。期間限定の御守・御朱印あり。

しながわ宿場祭り<中止となりました>

<中止となりました> 初日は、おいらん道中。東海道品川宿をおいらんが練り歩く。聖蹟公園では食と物産、子どもたちのステージも必見。2日目は、江戸風俗行列、品川寺の火渡り荒行、露店市、辻落語、昔のおもちゃ手作り教室、など、イベント盛りだくさん。1日中たっぷり楽しんで江戸時代にタイムトリップ!

第65回調布市商工まつり<中止となりました>

<中止となりました> 商工業者による物品販売・PRのほか、お楽しみ抽選会、ミス調布コンテスト、特設ステージイベントなどが行われる。

下北沢一番街阿波おどり<中止となりました>

<中止となりました> 下北沢の「阿波おどり」は、関東で2番目に古い阿波おどりだ。地元の多数の連が出演予定で、高円寺からの出演もある。踊りたくなった人は“飛び入り連”で踊ることもできる。どの連も気合十分。迫力ある踊りを間近で楽しめること間違いなし!

三社祭

毎年5月に行われる浅草神社の例大祭。今年は10月に延期して開催される。16日は、豪華なお囃子屋台や鳶頭木遣り、派手な衣装をまとい、びんざさら(木製の楽器)を打ち鳴らし五穀豊穣を祈願するびんざさら舞などが、大行列を作り練り歩く。17日は、お神輿約100基が浅草神社でお祓いを受け、各町会へ渡御。威勢のよい掛け声で町は熱気に包まれる。振袖さんや芸者さんの奉納舞踊。18日の本社神輿の宮入りで幕を閉じる。

鳥越神社大祭

1370年余の歴史がある神社の鳥越まつりは、都内一重いといわれる昭和初期謹製の鳥越神社の千貫神輿(センガンミコシ)の渡御に、のべ20万人が一目見ようと集まる。夜祭りになると、高張り提灯に囲まれ、細提灯に灯をともした本社神輿宮入道中は、荘厳かつ幻想的。露店も約250軒並び楽しめる。

もっと見る