メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「お祭り 千葉県」のイベント一覧

菅原大神春の例祭

菅原大神は、別名[「子宝神社」とも呼ばれ、社に奉納されている大小約90個の子産石は、抱くと子宝に恵まれるという言い伝えがある。子宝石を抱けるのは、年に2回行われる例祭の日に限られており、毎年2月25日の春の例祭と11月25日の秋の例祭には多くの人たちが参拝に訪れる。

保田川頼朝桜の里 第12回竹灯篭まつり

地域住民有志が集まった「保田川頼朝桜の里づくり実行委員会」メンバーによる、手作りの竹灯篭やロウソクで頼朝桜を照らす一夜限りの灯かりのイベント。夕暮れ時が見どころ。当日は頼朝茶房もオープン。点灯式は17時から。15時半から「竹けん玉大会」、16時半から「紙ひこうき大会」も開催。飾り灯篭、有志で作られた絵灯篭、頼朝桜にフクロウの吊るし雛などが会場を彩る。夕暮れ時に地元音楽家千代正行さんのライブも。

左右大神「舟戸の神楽」

山奥の木々の中にある霊験あらたかな左右大神の神楽殿で奉納される神楽は、天下泰平・五穀豊穣を祈願し、舟戸区の若者によって4月の第1土曜日に開催される。15時過ぎからは、55軒の氏子や近隣から奉納されたたくさんの餅やお菓子が投げられ、振る舞われる。昭和56年に町の無形民俗文化財に指定された。

諏訪神社春季大祭「笹川の神楽」

千葉県無形民俗文化財」指定。「古今和歌集」の語句を解説する「古今伝授」で有名な東常縁は、千葉氏の直系にあたり、その東常縁によって、文明7年(1475年)に今の16座神楽となった。祭りは、七つの地区の持ち回りにて、毎年4月の第一土曜日に開催され、宵神楽、本神楽と2日間行なわれる。今年は、菰敷区。

妙音院 火渡り・人形供養

南房総唯一の高野山真言宗である妙音院。高野山の「不滅の聖燈」による火渡り修行が行われる。火渡りで厄除けと健康祈願。おもちゃ・人形に感謝をして供養しよう。おもちゃ・人形供養の受付は当日午後1時まで。火渡り修行は誰でも無料で体験でき、火渡りした人には、お札がもらえる。

香取神宮 御田植祭

その年の五穀豊穣を祈る祭事「御田植祭」。1日目は耕田式で、拝殿前にて鎌・鍬・鋤を使って田植え前の田んぼを耕す風景を模した儀式と、稚児による田舞や早乙女手代による植初め行事が行われる。2日目は田植式で、稚児や神職などが参道から御神田へと向かい、早乙女手代が田植え歌を唄いながら苗を植える。例年、桜の開花時期と重なることから、境内には桜が咲き誇り、祭りに一層の彩りが添えられる。日本三大御田植祭の一つ。

第31回成田太鼓祭

成田太鼓祭は成田山境内と成田山表参道で繰り広げられる太鼓の祭典。両日10時より行われる千願華太鼓は、成田山大本堂前で約800名に及ぶ出演者が一斉に太鼓を打ち迫力のある演奏を披露する。13日17時からの夜舞台は、かがり火が焚かれた大本堂前の幽玄な雰囲気の中で開催。14日15時からのパレードは、表参道入口~成田山門前で個性的な太鼓や踊りチームが賑やかに練り歩く。

2019かつうらビッグひな祭り

開催期間中は、市内各所に約30,000体のひな人形が飾られ、街はひな祭り一色! 遠見岬神社の60段の石段一面には約1,500体の人形が飾られ、夕暮れ時からはライトアップが行われる。芸術文化交流センターでは施設全体を8,000体のひな人形が彩り、さらに日本最大の享保雛が15体飾られ、その様子は圧巻の一言。他にも、子どもたちが稚児の衣装で統一したひな行列など、イベントが盛りだくさん。

平成31年「成田の梅まつり」

四季折々趣のある庭園の成田山公園には、紅梅白梅合わせて約500本が植えられており平均樹齢は50年を超え、苔むした古木が多く凛とした気品のある花が参詣客を楽しませてくれる。期間中の土・日には、津軽三味線、箏・尺八、二胡等の演奏や甘酒のサービスが行われ、公園内文殊の池上梅林では観梅の野点(定員に達し次第受付終了)も行われる。また観梅の投句コンテストや、3月3日には大本堂前にて氷の彫刻展も開催。

もっと見る