メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「お祭り 栃木県」のイベント一覧

かみのかわ町おこし夏祭り

白鷺神社の大みこしや町内のみこし・おはやしなどが上三川通りに勢揃いし通りを練り歩く「かみのかわ町おこし夏祭り」。日暮れとともに通りが歩行者天国となり、おはやしとかけ声が夜の町に響きわたり祭は最高潮に達する。子どもから大人までがみこしを中心に一体となる風景は圧巻である。

小山祇園祭

須賀神社の例大祭「祇園祭」が開催される。天慶3年(940年)、藤原秀郷が京都八坂神社より分祠勧請したと伝えられる須賀神社。昔から祗園祭の規模の大きさとにぎやかさはよく知られ、江戸時代の地誌「下野国誌」に「当国第一の祗園会なり…」と記されている。大神輿や女神輿の渡御が行われるほか市内中心部が歩行者天国になり、おはやし、よさこいなど様々な催しがおこなわれる。

喜連川天王祭2019

11時からは喜連川神社でお下がり、16時から23時30分にかけて神輿渡御、百物揃いが行われる。400年以上続く喜連川神社の祭り。昼は神主や天狗、武士に扮した百物揃いの行列、夕方には喜連川神社の神輿が勢い激しく街中を練り歩く。

第24回夕顔サマーフェスティバルINかみのかわ

栃木県上三川町における夏の一大イベント。町内の子どもたちによるブラスバンド演奏、町の特産品干瓢を使った体験コーナーなどのオープニングアトラクションから祭りはスタート。そろいのハッピに身を包んだ踊り子たちによるよさこい流し踊りが進むうち、周囲には夜の帳が下りていく。そして約4000発の花火が祭りを更に盛り上げる!

うじいえ納涼彩2019

JR氏家駅前において灯ろうでのライトアップを行う。その風景は幻想的でもある。またこの灯ろうはコンテスト形式で各団体が創意工夫を競う。その他にも、地元出身の音楽家である落合崇史さんのライブなど様々なイベントが開かれる。

足尾町納涼祭

鉱山労働を歌と踊りで表現した「直利音頭」に合わせた盆踊り大会で、恒例の仮装イベントでは、参加者が趣向を凝らした衣装で踊り、参加者も見物者も楽しめる。直利とは、品質が良く優秀な鉱脈を表す言葉で、鉱山町に合わせアレンジされた独特の言い回しの「直利音頭」は、「日光和楽踊り」や「宮盆踊り」などと同じように、県内各地のアレサ盆踊りの一種で鉱山町足尾独自の節まわしと踊りを持つ味わいのある盆踊り歌。

芭蕉の里 くろばね夏まつり

毎年恒例の「くろばね夏まつり」が那珂川河川公園を会場に開催される。約2,000発の花火が打ち上がり、夜空を鮮やかに染める。

塙の天祭

天祭の起源は、鳥海上人が享保年間に出羽三山を勧請し、この天祭行事と念仏踊りを伝えたのがはじまりとされている。前日、大世話人の指揮により天棚組み立て。当日朝、行人が水垢離をとり、神官・僧・行人が天棚に登楼して祀りで始まる。クライマックスは、夜、天棚前の舞台で行われる「天祭踊り」。はちまき浴衣にタスキの若者が綾竹踊りや扇子踊りを披露する。その後、神官・僧侶等による神事があり、天棚が壊され祭りが終わる。

八坂祭(天王祭)

八坂神社の祭神は素戔嗚尊で、特に人の体力が衰える夏場にかけ伝染病などが流行しないよう、無病息災を願うお祭り。通称大天王様と呼ばれる約1トンの神輿を担いで練り歩く。また、町内から10台を超える屋台や神輿が繰り出され、多くの出店も立ち並び大勢の人で賑わう。特に、2日目の夜8時を過ぎると、神輿や屋台が一堂に集まり、神輿をもむ姿やお囃子同士のぶつけ合いなど、祭りならではの勇壮さは圧巻。

もっと見る